FC2ブログ
NIHへ行ってきます アルツハイマー病の本

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー病の本

帰国直前、やっと2.5年間の研究成果をかけこみで投稿しました。論文は20弱ぐらいは書いていると思うのですが、いつまでたっても一筋縄には行きません。さらに投稿から採択までの道のりは長いと思うのですが。。。いずれにせよ、ひと段落したところで本の宣伝です。
留学中、同僚と英語の勉強がてら下記の本を翻訳しました。医歯薬出版社「アルツハイマー病が予防できる」です。内容はかなり充実していて、軽く読む本ではないのですが、本気で認知症を予防したい方にはとてもお勧めできます。アルツハイマー病を代表とする認知症になると、精神的、肉体的に厳しい現実が待ち構えているとは思うのですが、経済的にも多大な損失をこうむります。現在アルツハイマー病を根本から治療することは不可能なので、予防が重要で、うまく予防することができれば損失を最小限に抑えることができます。その予防は、40代ぐらいからはじめるべきと考えられます。その数ある予防法の中から化学的根拠のある予防法が沢山紹介されていますので、興味のある方は買っていただけるとうれしいです(笑)あっ、もちろん現在選びえる治療オプションもすべて紹介していますし、将来の治療法も紹介しています。訳者あとがきは、RockvilleでなくワシントンD.C.という言葉を使ってしまいました。すいません。。。


ちなみに、Original版はこの本です。

一応、英語版も、日本語版も星五つです。今のところ。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nih.blog78.fc2.com/tb.php/702-e9a06813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。