FC2ブログ
NIHへ行ってきます Citibank USAへ

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Citibank USAへ

Carmaxで車を売ったり、大家さんからSecurity depositを返してもらったりしたためCitibankに日本の住所への変更をお願いしたり、口座を維持するための方法を質問したりする必要もあり、入金に行ってきました。
アメリカで作成し、帰国後もしばらく保持するCitibankの口座の、まず住所変更に関しては簡単で、日本の住所を書き、店員さんに入力してもらうだけです。Monthly Statementはオンラインで見ることはできますが、日本にも送ってくれると言っていました。次に、
口座の維持方法です。これはアカウントの種類にもよると思います。最低維持資金が高い口座は特に何もしなくても口座が維持されるとも聞いています。僕の最も口座維持残高が低い口座($1500)に関しては、1年に一回chekingとsaving account間のtransferなどをする必要があるとのことでした。
最後に解約ですが、特定のformはないようですが日本から解約の旨を書いた手紙を郵送すると、残高の小切手が送られてくるようです。そのため、日本でCitibank USAの小切手をある程度切って、日本のCitibankのドル口座にいれ、その後解約の手紙を送る作戦が、解約時には良いのではないかと思います。
中途半端な額の小切手が日本に届いた場合は、その小切手の裏にサインをして、CheckingとSavingのどちらか、アカウントナンバーを記入して、日本から郵送すればdepositできるようです。
郵送先はどこでも、良いのですが一応Rockville支店は以下の住所です。何か質問がある場合も、以下の電話番号に連絡をして聞くことになります。
Rockville Pike支店
822 Rockville Pike
Rockville, MD, 20852
Phone: 301-217-0280

実際には数日前に日本での口座維持に関して、質問したのですが、その時はよくシステムが分かってない人が担当で、口座維持は1ヶ月に1回deposit(transferは駄目)とか、解約はアメリカに来ないと駄目とか言ってました。今回上記の回答をした人は信頼できそうでしたので、おそらく正しい情報と思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nih.blog78.fc2.com/tb.php/700-ed0ad0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。