NIHへ行ってきます Legg Mason Tennis Classic 2008

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Legg Mason Tennis Classic 2008

週末は、Legg Mason tennis classicへ。昨年同様車で20分程度の所にある、Rock Creek Parkで行われるプロテニス観戦に行ってきました。昨年は今話題の有望日本人選手、錦織圭君も参加していたようです。2回戦で負けたようですが、、、今年も、土曜日の19時から開催される男子準決勝のシングルスとダブルスです。テニス会の4家族で行ってきました。 シングルスでは、アンディ・ロディックが昨年優勝し今年も彼が優勝すると見込んでの準決勝でしたが準々決勝で負けたらしく
今年もまたアンディ・ロディックのプレイを見ることができませんでした。それでも、こじんまりとしたコートなのでプロ選手のプレイを間近に見ることができ、このコートでの観戦はお気に入りです。ロディックに勝った若手はさすがにサーブを武器に余裕で勝ちましたが、決勝では負けたようです。ダブルスは、昨年優勝の双子のペアー、ブライアン兄弟はオリンピックに出場(銅メダル)していたため欠席。それでも、プロの様々なフォーメーションのダブルスを見ることができ、楽しく観戦しました。何より、コートの外ではビールを飲むことができ、それほど混んでないためボックスシートに紛れ込むことができるなど、とても良い雰囲気で、帰国前のよい思い出になりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nih.blog78.fc2.com/tb.php/691-c3348fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。