NIHへ行ってきます ボストンワシントン便利帳 Vol 4.

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンワシントン便利帳 Vol 4.

bos01.jpgボストンワシントン便利帳 Vol 4.
Living in Rockvilleのこのページに、渡米前に準備するもの一覧が記載されていますが、最近渡米された出身大学の後輩にボストンワシントン便利帳のVol4が最近発売されたと教えていただいたので紹介しておきます。Rockville周辺に関しては、Living in Rockvilleにも比較的詳しく情報が記載されていますが、D.C.周辺情報は余りありません。
この本は、このウェブサイトにもあるように、特にD.C.(ボストンも入ってますが。。。)にお住まいの日本人の方に向けて様々な情報が紹介されています。日本語の通じるXXXのリストや、ナイトライフ?などLiving in Rockvilleとは一味違った情報が満載です。渡米後、この本を友人から見せていただきとてもよい本だなと思っていましたが、なかなかAmazonなどで品切れ状態が続き購入できないのが難点でした。現在は、日本では楽天では購入できないものの、日本のAmazonであれば購入できるようです。Living in Rockvilleも最初はこの本を参考に書こうと思ったのですが、著作権の問題やもうちょっと違う視点の情報を掲載しようと考えやめたため、この本も手に入れることでD.C.周辺の情報は相乗効果で詳しくなるのではないかと思います。
特にこれから留学される方にとっては、英辞郎とともに必須の本だと思います。
日本Amazonのこの本へのリンクは>こちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nih.blog78.fc2.com/tb.php/674-ec2d2a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。