NIHへ行ってきます 2009年07月

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tax return 2008 part3

前回の記事で、昨年度のまずは連邦税のTax return書類を郵送したところ、つい先日米国のCitibank口座にDepositされていました。さらに、妻と息子のITINも作成されDepositの日の数日後に日本に送られてきました。
後は、このITINの番号をメリーランド州用の書類Form 502に各々記入して、アナポリスに郵送して、Refundを受け取れば完了になりそうです。
2.5年間の留学生活の影響が完全になくなるのは、後は米国に残してあるCitibankの口座をどうにかしてからですが、特に口座維持費も取られていなくて、登録住所も日本になっていて、Saving accountの利率は日本と比べ物にならないほど良いので、もう少し解約しないでいようかと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。