NIHへ行ってきます 2006年06月

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neurology

留学中は研究なんて高尚な似合わないことをしていると力仕事の臨床を忘れてしまう不安に駆られます。まだ内科系なので知識をUpdateしておけば何とかなる部分もおおいのですが困ったことにいまのラボには臨床系の雑誌がありません。NIHでは、もちろんPubmedの本場だけのことはありNIH LibraryのResearch toolsであらゆる論文がオンラインでダウンロードでき、いままでの大学よりも契約している出版社が多くマイナーな雑誌も含めてかなりたくさんの論文を読むことができるのですが、やはりPDFよりは本物の本のほうが読みやすく時間の節約にもなります。基礎系の論文だけでなくAnnalsの他に少なくともStroke, Neurology, JNNP, ブランド負けしているようで悔しいですが、Nature clinical practice neurologyぐらいは読んでおこうとたまに思うのですが、オンライン版だけだとついついプリントアウトがめんどくさく、よほど気になるもの以外は画面上でスクロールするだけのことも多くなってます。帰国してから後輩より知識が少なくなっているとこのブログを読んでいるであろう後輩をいじめられないということのみがMotivationになってます。
今日は秘書さんがたまたまNeurologyを持って歩いていたのでこのラボでは購読しているのか聞いたところ、教授は会員なので毎回送られてくるけれども以前いらした研究者宛になぜかずっと送られてきているとのことでした。どうせ使わなのでこれから送られてきたらあげます。といわれラッキーです。
今回面白かったのは、
Helicobactor pylori eradication and l-dopa absorption in patients with PD and motor fluctuations
Detection of intracranial venous reflux in patients of transient global amnesia
の二つでしょうか。
スポンサーサイト

NWAのDCA-DTW-NRT便について

1週間滞在した母と妹二人が本日帰国する予定でした。ロナルドレーガン空港のチェックインやセキュリティーチェックもうまくスルーしましたが、なんとデトロイト経由で成田行きのNWAに乗るはずがデトロイト到着が2.5時間程遅れ結局日本に帰れなかったようです。帰国翌日から入れていた仕事の代理の人を捜したりと大変そうでした。デトロイトではNWAがホテル代、夕食代、翌日の空港のクーポン券などをもちろん配布したそうですが1日アメリカ旅行が伸びてラッキーという感覚とはほど遠く同じ機体に登場する予定であった日本人の皆さんもかなり疲れていたようです。治安の悪いデトロイトよりサンフランシスコ経由のUAならもう少し楽しそうですが、、、アメリカ入国の際のアメリカ国内線への乗り継ぎ便でよく間に合わなくて国内線を次の便に変更する話は良く聞きますが、逆のパターンは1日予定が狂ってしまって面倒くさいですね。この点、直行便は乗り継ぎの心配がないので安心です。もちろん高いのが難点ですが。
さて、このように家族が帰ることが出来なくなったことを日本に緊急の連絡をしなくてはならない時に役立ったのがもちろんSkypeなどの電話なのですが、その次に日本の携帯電話のメールアドレスとメーリングリストでした。PCのメールよりも携帯電話のメールの方がチェックする頻度が高いですし、さらにこれらをYahoo groupに家族のメーリングリストを作って登録していたので、父と妹二人の旦那さんたちに素早く連絡を取ることが出来ました。少なくとも今の時代は電話番号に加えて携帯電話のメールアドレスもまとめておいた方が良さそうです。
ANA 国際線航空券

映画

研究に関しては今のところの手技は過去に報告されている方法をなぞっているだけですが、細部で疑問に思うことも多く、いまいち低い次元の問題でつっかかってもどかしい感じです。でも、一つ一つ解決策を見つけて何とか前進してます。まあ、最初の手技がうまくいかないと結果の解釈が不可能になってしまうので今が頑張り時です。といいつつも、
仕事終了後、White Flint MallのCheese cake factory(パスタダビンチがおいしかった)で夕食を取り、母と妹に息子を預けて映画を見てきました。日本にいるときには映画館は月に1-2回でしたが当直バイト中に近くにレンタルビデオがあったためビデオも月3-6本は見ているため意外と映画好きです。でもこの時期は大した映画ないですね。唯一みてみたいダビンチコードは恐らく英語ではわからないだろうと予想の元、単純に英語でもわかりそうなDisneyのCarsにしました。結果として、これがスペイン語であってもCarsであれば大まかなストーリーは追えると思うので英語がわかるとかのレベルではないように思いました。やはり、冗談を言っているセリフではどのようなギャグになっているのかわからず、リスニング能力もまだまだだなと感じます。
日本の映画館は、ワーナーやAMCといった外資系の映画館が多くなり昔ながらの映画館が減って便利で綺麗で若者にとっては嬉しい印象がありますがWhite Flint MallもAMCでした。ですが、日本のようにオンラインで席を予約するなどのシステムは一切なく、全ての会場共通の入り口でチケット係が一人だけいてチケット(一人$9程度; NIHのR&Wに加入したりすれば安く買えそうですが、、、)を直接買って入場するというかなりクラシカルな方法です。このシステムでは、一つの映画を見終わったら横の映画に入っても恐らくばれません。オンラインリザベーションがないだけあって、映画館内は平日だからか95%は空席でした。少なくともCarsの館内は縦長で画面もそれほど大きくないためこれならアパートメントのシアターの方が部屋が狭い分迫力があるように思います。もっと小綺麗でサラウンドシステムなどの施設も整った映画館を探す必要がありそうです。

学生さん

NIHは大学ではなく政府の機関なのであまり学生さんを見ることは少なく、周りの街も学生街のように学生さんが集まって騒ぐような若々しい雰囲気はまるでなく落ち着いた年寄りの雰囲気が漂っていて、学生さんや後輩の面倒を見たりからかったりするのが好きな僕には物足りなさを感じます。
今日は別のビルで実験をした後に部屋に帰ると背の高い色黒のすらっとして髪の毛はオールバック&ネクタイをした上品かつ格好のよい学生さんがT-shirts&ジーンズ&スリッパの僕に近寄ってきて「あなたの実験内容について教授に聞いたのですが詳しく色々聞きたい」と質問に来ました。英語で話されてもよくはわからないのですが、PhDコースでケンブリッジとNIHをそれぞれ2年間づつ使用し研究を行う予定のようでした。たぶん。。。そういえば、ケンブリッジは観光で行って大学の前のアイスクリームがおいしかったけれどもイギリスのタバコはすごくまずかったなとそれぐらいの知識しか持ち合わせていません。
そんな毛並みのよい、しかも僕(たち)のように風邪や便秘の薬を毎日処方するだけで頭を全く使う必要のないM.D.と違い、ばりばりのPhDを目指しているつまり頭のよい人です。英語が苦手ですいませんとまずは先制攻撃で謝った後に、自分の今までの研究内容とこれから行う研究について身振り手振りで説明すると、前から僕の興味を持っている研究分野に興味を持っていたらしく、あなたのようなsenior researcher(ちょっとむかつく)の下についてしばらく研究したい。いま紹介された論文はすぐに全部読むし、うちの教授と話してみる。うまくarrangeしてください。と、とんでもないことを言い出しました。ちょっとまてarrangeって日本語で正確になんだっけ?orangeに似てるけど、でもそれはかなり困るというのを混乱した頭の中で英語で考えコンピューター上の英辞郎に手をかけた時には、ありがとうございました、といって教授室に向かってしまいました。クールです。
実験のぱしりに使うこともできるかな、とも思いましたが日本ならまだしも今日も動物実験施設の使い方を英語で説明を受けて???という状況でやはりアイデアを出して独自の研究をやらせる指導をするのは大変ではなく不可能です。しかも相手はエリートです。当然教授はあいつは来たばかりだからと断ってくれると思いますが、ていうかそうしてくれないと困ります。

Neuroscience seminar

またもや、教授が先週金曜日にやってきて来週月曜日にカルフォルニアから教授が講演にくるのでその前に話すか?と言われました。今回は、僕がやろうとしている研究の範囲とだいぶ重なっているのでもちろんOKしましたが、今日はカンファレンスルームが空いていなかったためうちの教授の教授室で、カルフォルニアの教授とうちの教授と三人で1時間ほどDiscussionしました。といっても、間をもたせるために用意しておいた質問をしてその答えを聞くというパターンが多く、うちの教授は隣で微笑んでいるだけで何をしているんだこの人はという状況でした。かなり丁寧に質問に答えていただいただけでなく、即答できない質問は丁寧にメモにとって後でメールで答えを送るね。と言われました。このようなやさしい態度は、うちの教授が目の前にいるためNIHからのグラントのことも考えてなのかな?とうがった見方をしてしまいますが、もともとやや厳しそうですが面倒見のよさそうな教授でした。斬新な答えはそれほどなかったものの、一緒にあなたの研究にこれを加えればいいのではないかとアドバイスをもらいなかなか有意義でした。
英語での会話は、以前よりは会話が成立することが少しだけ多くなりました。リスニングに関してはわかったつもりになってしまっているか、あるいは特に日常生活では感がよくなっているだけである可能性が高いですが、まあ会話の内容の先読みをして感を鍛えるのも悪くはないかなと自分を慰めてます。スピーキングは、言いたいことを遠まわし、あるいは最後に相手の答えになる具体的な名詞を言うことによって何とか話していますが、それでは話すのに時間がかかってしまうのでもっと直接的な表現で話したいなと日々英辞郎で気の利いた表現を検索して覚えては忘れの繰り返しです。
家に帰ると、みんなアパートメントのシアターでシュレック2を見てました。大きなプロジェクタースクリーンとサラウンドシステム完備でなかなかの迫力です。今度はPSXでもつないでゲームでもやりたいなとまたくだらない計画を立ててしまいました。

Disability parking

ここ1週間ぐらい日本の梅雨にも似たはっきりしない天気が続いていて雨が降らない日はありません、梅雨よりは雷が鳴ったり雨が強いですが、、、
今日は、家族も来たことだし週末で車でしか行けない所ということでアナポリスへ行こうとしましたが雨が強いため断念してMontogomery mallやGiantなどのショッピングやNIHを紹介することにしました。
Montogomery mallで家族はまたもや色々買い込んだあとに、NIHへ行きました。駐車場は非常に空いていて自分のラボの前の駐車場には一台も車が止まっていなかったためDisability用の駐車場(ラボの前には一般の駐車場はない)に止めて15分ぐらい周囲を散歩しました。帰ってくるとちょうど警官が車を止めて僕の車のワイパーに何か挟んでいるところでした(NIH内はよく警察官が巡回してます)。土日は駐車場が空いているので、このDisability用の駐車場に置いている人もいるということで置いしまいましたが、交渉もむなしくやっぱり罰金のようです。$50+$25とのことでした。まあこちらが法律的に悪いのでしょうがないですね。黄色い罰金用紙を見ると、Aのチェックボックスにチェックを入れると裁判所に行かなくてはならず、Bにチェックを入れて上記の罰金を払うためにクレジットカード情報を記載して郵送することになってます。もちろん、小切手を同封してもよさそうです。罰金でもマイルがたまります。ついに、事故の処理だけでなく罰金の払い方も覚えてしまいました。。。

Leesburg Corner Premium Outlet

結局、再来週水曜日の車修理期間まで相手の保険会社持ちでレンタカーを借りれる様になりましたが、今回の土曜日、日曜日はJeep LibertyというSUVを差額一日$13支払い借りました。来週の月曜日からは再びstandard car(といっても大きいですが)に戻し無料で借ります。LiberyはCR-Vと同じかやや大きい程度のMini SUVですが家族5人は楽々乗れて荷物が沢山入るので今日の買い物三昧の日は結果としてFord Focusでは荷物が入りきらなかったと思うので非常に便利でした。
今日は、家族5人と子供の計6人で念のためChild sheetはトランクに入れましたが、膝上に子供を乗せて行きました。法律的には良くないのですが、結構みんなそれで走っているのを見かけます。まず、Germann townにI270Nで向かい、ArminshのDutch marketへ行き、フライドチキンやプレッツェルを食べ食料をかなり買い込みました。その後、Leesburg Corner Premium Outletを目指しましたが、I-270を北上していたため、さらに北上しそれからU-15で南下するという結構めんどくさい道がGoogle mapで検索すると出て来たので今回はその通りに走りました。なんと、Google mapの道順が間違っていたために道に迷いましたが、数人の人に道を尋ね、何とか1.5時間ぐらいでたどり着きました。途中に通ったLeesburgはアメリカの古い町並みが残されていて観光スポットとしても有名なのかガイドブックをもった観光客とおぼしき人が結構いました。
同Outletは、このあたりではかなり有名な場所で、有名な店も数多く入ってます。僕には良く分かりませんがCOACHなどなどかなり安いようです。結局、自分のものはCKのサマーセーターを、しかも買ってもらっただけですが、みんなかなり買い込んでました。帰ってから気づいたのですが、始めにinformation counterへ行くと色々なクーポンがもらえることもあるようでまずはそこに行くのがいいと思います。さらにHPで会員登録すると、オンラインクーポンが印刷できます。妹が言っていただけなので確証は取れてませんが、日本にもPremium outletが何店舗かあり妹はそこの会員のためその会員カードがあるとPremium outletの安い価格よりさらに割り引かれるようで、持ってくればよかったと言ってました。これから行く方は念のためオンラインクーポンぐらいは印刷して行くことをお勧めします。
もともとここはRockvilleから1時間程度で到着する所なので、帰りは50分程度で到着しました。

Jazz in the Garden

仕事が終了後、D.C.では6月から9月までの毎週金曜日にNational Gallery of Art のSculpture Gardenで無料のJazzコンサートが行われているため家族(母、妹、妻、子供)と現地集合して行ってきました。Sculputure Gardenは普段は彫刻の展示を見て回る所です。なかなか風通しもよく、円形の噴水の周りに足を水の中に入れみんな座っているという居心地のよい場所でした。Jazzは、スピーカーがないため演奏者の近くでないと迫力はありませんが、いるだけでなごやかな雰囲気になります。現地では、ビールやワインやアイスなどが売っていて、もちろんビールを飲みましたが、さらにサンドイッチなどの軽食を買うレストランもあります。一時間ほどJazzを聞いた後、7th street沿いのGardenから歩いて5分ぐらいの所にある、JALEOという有名なスペイン料理を食べに行きました。やや塩辛い印象があるもののシャングリア、パエリヤを含め全体的になかなかの味です。混んでいるため30分程待ちましたが、あまり気になりませんでした。
また、今日は明日からいつもの車より大きな車があった方が便利なため事故車はFordに預けてレンタカーを借りました。本当は来週の月曜日からFordに部品が届くため車を交換しようと思いましたが、Ford Focusの代りになる車はStandard carなのですがあわよくばMini VanかSUVがあると大人数で移動する時に便利かと考え、事故を逆手に取りそれらの車をAllstate持ちで借りることが出来ないか交渉しました。事故車は運転できないので、レンタカーを早めに貸してくれ、しかもハッチバックの様に荷物が沢山入るMini VanかSUVがいいと相手の保険会社に言った所、やはり、standard car以上になると差額を払わなくてはならないようです。あたりまえですね。そこで、差額の料金もたいしたことないので週末はSUVを借りることにしました。しかしながら、明日からはMini Vanは貸し出し中でなく、SUVもMiniしかないとのことでした。まあ、Mini SUVでも比較的大きそうだったためOKし明日の車を楽しみにしています。それから、日本では自分の車の車輌保険はもちろんレンタカーを借りる際にレンタカーには適応されないと思うのですが、こちらで加入しているAIGISの保険はレンタカーにも適応できるようで、保険代金をレンタカーを借りる時に支払わなくても良いようです。にわかには信じられなかったのですが、AIGISにアメリカの常識と言われてしまいました。そうであれば、旅行に行った時に保険代金を払わなくてよい分格安で借りれそうですが本当でしょうか?

Inspection

先日の交通事故の状況は、100:0であちらが否を認めてくれたため車の修理はもちろん、修理中のレンタカー代や慰謝料などの支払いもOKで今のところは順調です。今日は、仕事を早退して事故の相手の保険会社のAllstateによるinspectionへ行ってきました。係りのものが来てくれるわけではなく(AIGSは来てくれます)、こちらから出向いたのですが、congressional plazaのRockvill pikeを挟んだ向かいにallstateの事故車の修理代金の査定をする店舗があるので家から車で3分ほどで到着です。13:30に行き、結局40-50分後に査定額が出ました。後部バンパーに穴が空き、トランクが閉まりづらいという損傷具合で、$3780とのことです。もちろん、あなたがすきな修理工場へ持って行き修理を依頼しこれよりも高額になるようであれば、その修理工場から電話をもらえれば希望額を支払います、と言ってました。査定額の用紙には、かなり細かく修理の必要箇所や部品、予想される金額が記載されていてかなりしっかりやっているなと感じました。その、$3780の小切手を持って、Chevy chase bankに入金する誘惑(実際に裏にサインをすれば入金出来ます)に駆られつつ、Fordのdealerへ行きました。Fordでは車を簡単に見るだけで数分で見立てが終了し$3000程度で修理できるかなと言ってはいましたが、部品を取り寄せるので月曜日にまた持ってくるように言われて今日の所は帰ってきました。修理に8日間かかるようです。日本と異なるのは、予想される修理代金をあらかじめ小切手でもらうところですね。安く修理出来たら余ったお金はもらえそうです。
結局、diminish valueについては修理してから本当に価値が下がっているかどうかを考えていつでも交渉出来るそうですが、日本でも評価が難しいのは知ってますし、なかなかこれを客観的にどの程度今回の修理で価値が下がったかを計算するのは確かに難しいなとは考えています。それでも、この交渉は3年間有効のようなので2年後にCarmaxにでも売るときに事故にあったので価値が下がったかどうかを聞いて、交渉を再開するか、今回もう少し頑張ってみるか検討してみます。
15:00からのブラジル戦は母と妹二人が渡米したので迎えに行くために見れませんでしたが、自宅で少し観戦しドナルドレーガン空港のパブでも観戦出来ました。トランクが思い切り閉めないと空いてしまう状態で、16:32NWAのピックアップに初めてドナルドレーガン空港へ行きました。行く途中に通過する道路は、ワシントンの町並みをPotomac川を挟んで眺めることが出来る非常に景色のよい道路で、アパートメントから40分弱で到着しました。飛行機も予定通りで、トランクに荷物を沢山載せてもトランクがhighwayの途中で開いて荷物が飛び散ることもなく無事に帰ってきましたが、帰りはやや分岐が多く道に迷う可能性もあるので注意が必要です。

お悔やみ文

今日は、朝起きると妻の腰痛も自覚的になくなったとのことで一安心です。ラボでは、テクニシャンの方のお母さんが亡くなられたということで、With our sympathyと表紙に書かれた、Hallmark社製のカードをみんなで回してお悔やみ文を書きました。当然、なんと書いたら良いのかわからないので医師のための実例英文手紙の書き方のお悔やみ文の欄を参考にほぼ丸写ししてしまいました。これだとあまり気持ちがこもらないなと思いましたが自分のOriginalの文章では失礼にあたることもあるかと考えました。その本によると、お悔やみを表す言葉はSympathyで、これにSincere, deepest, heartfeltなどの修飾語をつけるようです。交通事故に合った人にも My sympathies.とかいって使えるのでしょうか。
こちらでは、お礼、お祝い事、クリスマスカード、病気お見舞い文などを親しい関係にある人に郵送するのが習慣のようです。そのためどんな田舎に行ってもあらゆる状況に合ったカードが売っているようで、RockvilleのCVSや文房具屋でもカード売り場は大きなスペースを占めています。子供はよくそのカードコーナーへ行きあらゆるカードを取り出して遊んでいるのでそっと戻しています。

事故

今日は、妻が実技試験をクリアーし運転免許を取得しました。実技はなんと全く減点なしでpassしたようです。
が、その運転免許試験場へ行く途中に交通事故に会ってしまいました。左折専用レーンで信号が赤に変わるときに停止したら後ろのLexusGX470(レクサスブランドとしては日本で販売されてない下記の車(ランクル)。うらやましい)がつっこんで来るという一般的におかまほられたというやつです。職場に電話をもらって先輩に相談し色々アドバイスを受けた後すぐに帰宅しましたが、事故後の処理はスムーズに行われたらしく僕は保険会社の電話番号や保険のNumberの確認及び電話をしたぐらいで、細かい状況は妻が電話で伝えました。
子供は友人に預けてきたこと、本人及び相手にも怪我がなかったこと、左折専用レーンだったのでそれほど後ろの車もスピードを出していなかったこと、後部バンパーは一部は穴が空くほど凹みましたが車の走行に問題ないこと、相手の人がいい人で保険の処理もスムーズに行きそうなこと、メリーランド州では事故関係者に怪我がないと警察が来てくれないことが多いらしいのですが恐らく通がかりの警察が来て双方の情報交換がスムーズにいったこと、は幸いでした。本人はやや腰が痛いらしいので要followですが、この辺は専門の病態なのでアメリカでも安心です。保険会社の人は病院に行くことにより交渉が有利に進むと考えていて受診を進めましたがどう考えても100:0で相手が悪いので、治療の必要性が出るまでは(その可能性はないに等しいですが、、、)様子を見ています。
アメリカでも事故の処理は同様でした。事故現場で相手の個人情報と車の情報、保険会社の情報を聞き、警察官に事故Numberを発行してもらい、帰宅後に自分の保険会社に電話します。JALファミリークラブ経由のAIGIS保険で日本語も通じ、保険担当者がアメリカ人でも通訳してくれるため安心です。結局、今回はこちらが負担する可能性は保険会社的にもないと判断しているようでした。
後は、車の修理がperfectにしてもらえるか、修理中のレンタカー代を負担してもらえるか、事故車になると2年後の査定価格が下がる分も考慮してdiminished valueを支払ってもらえるか、などを相手の保険会社とnegotiateしてみます。日本のように三井住友海上などへのパッシングが強ければ追い風なのですが、、、アメリカはどうでしょう。
プレミアムとはこう言う事さ・・・。 レクサス GX470

Rat

今日は、有名な高血圧自然発症ラット(SHR; spontaneous hypertensive rat)を注文しました。一匹$50-60なので、研究を計画通り遂行すると動物代だけで$60x126かかる計算です。もちろん動物以外でかなりお金がかかります。教授にそろそろ注文しても良いですか?と聞いたら、Sure.といわれただけで何もアドバイスは受けずこれだけ??という感じでした。今いるラボは幸いにも研究費は恵まれているようで、はじめてこのラボに来たときにも同じラボの先生からお金は結構あるみたいといわれました。先日麻酔器にささいなトラブルがあり修理が必要なので連絡して修理を待ってますと教授に言ったら新しいの買ったほうがいいよ。とか言われました。が、どう考えてもコネクターを変えるだけで使えそうなので修理を辛抱強く待ってます。
早速自分でCharles riverに電話をするのでなく、秘書さんに注文してもらいました。NIHに届くまでに5 Business dayかかり搬入日は火曜日と木曜日の週二回でこれはもといた大学の搬入日と一緒です。ということで、来週の火曜日に届きそうです。日本と異なるのは、Emergencyという項目を選択すると2日で届くのですが値段が2倍するようです。
一通り実験を通して無事に遂行できれば、仮説が正しいかどうかを確認するためにはあとは単純な繰り返し作業になるため気が楽です。この研究の難点は仮説が正しいかどうかがわかるのは数ヶ月―6ヶ月後で途中経過が確認できないことなのでうまくいかなかった場合被害を最小限に抑えられなそうです。が、教授はやさしいのでまあいいか。

Indian garden

今日も暑い。ということで、クロアチアと引き分けてしまった後、プールに入りけだるい疲れの中クーラーを入れて昼寝をしてと小学生の夏休みの一日の様な過ごし方をして、夕方起きると無性にカレーが食べたくなりました。ネットで近くのインド料理屋を探すと車で数分の所にIndian gardenというインド料理屋がありそうだったので行ってきました。こちらは、日本と違ってカレーの王様、CoCo壱番屋を始め気軽にカレーを食べられる所が少なく週に1-2回カレーを食べていた自分にとってはつらいものがあります。
Indian gardenはメニューを見るとかなりリーズナブルな店でしたが、今日は家族の誰も認識していなかったFather's dayだったようでインド料理食べ放題一人$10とこれもまたリーズナブルでした。味もいけます。特に、焦げ茶色のルーの牛肉カレーがかなりおいしかったのですが、肉の周りに骨の突起がありもしやこれは傍脊柱筋か?と疑いたくなる肉を使用してました。筋肉はいいとして骨髄及び脊髄の混入が気になりますので次からはチキンカレーにしようと思います。
米国では最近狂牛病の発生は少ないのでしょうか?隠しているのか少ないのかあまりニュースで見ませんね。イギリスでは最盛期は年間数万頭の狂牛病が発生しましたが、結局変異型プリオン病を発症したのは年間でなく全経過で150人程度だったと思います。米国では数頭の狂牛病の発症しか認められていないので生物統計学的には変異型プリオン病の発症の可能性は0%と考えてもいいかもしれませんがなんとなくいやですね。
日本も今週牛肉輸入再開の方針を発表しそうですね。発表内容によっては吉野家の株価がまた動きそうです。米国のいい加減な性格で特定危険部位の除去がPerfectに行われることはないとは思いますが、まあ確率的にはほとんど変異型プリオン病を発症する可能性は日本ではないに等しいように思いますが、この確率さえ気になる場合は牛肉を食べない方がいいと思います。僕は、NYの吉野家も含めてこちらで牛肉食べまくってますが、、、どちらかというと宝くじの確率のような変異型プリオン病を心配するのであればダイエットしたりたばこやめたりの方が先だと思います。
でも、日本のように消費者の不安を取り除くためだけにお金だけかけて無駄と科学的根拠をもってわかっている全頭検査をするよりは、そんな無駄なことはしない米国の姿勢は合理的でいいと思います。

D-fax

僕以外の家族が今週はずっと長引く上気道炎症状で調子悪くなかなか遊びに行けませんでしたが今日は大分調子が戻ってきました。Rockviileはここ数日東京が梅雨で雨ばかりなのと対照的に、すごくいい天気が続いてます。テニスをして、IKEA, Costcoへ行き、夕方プールに入ってCostcoで買った鳥の丸焼きを食べて、ビール飲んで明日朝からのクロアチア戦に備えると、かなり健康的な週末になってます。こちらに来てから大分日に焼けましたが、たまには東京で日に当たらない生活から離れて健康を取り戻そうと思います。
昨日のSkypeに続いてもう一つ留学に便利なサービスがD-faxです。最近Faxはe-mailでほとんど代用出来ますが、時々Faxの方が実際の書類を確認したり、e-mailに不慣れな人から情報を受け取るのに便利なことが希にあります。
今日は、実家からD-faxの自分のサーバーにFaxを送ってもらいました。基本的にはPCのメールにFaxの情報を送ってもらえる無料サービスで、いちいち紙を使わない、Faxの内容がメールで見られるので整理や保存が簡単なのと、人に見られることがない、Fax電話機の前にいなくてもインターネット環境があればいつでも内容をチェックすることができるなどが利点だと思います。解像度もまあまあで実際の紙よりは読みやすいかもしれません。さらに日本の電話番号が割り当てられるので、日本からこちらにFaxするときに国際電話料金はかかりません。ただし、020で始まる電話番号なので時々この番号にかけられない電話もあるかもしれません。
留学時にもこのサービスを申し込めば日本からのFax受信に関しては固定電話のFaxよりも便利で安いと思います。逆にこちらからFaxを送るには固定電話がないと不可能ですが、複合型プリンターがあれば用が足りると思いますので、昨日のSkypeとD-faxを組み合わせると後はアメリカ国内から自宅にFaxを送れない以外は固定電話の必要性はないと思います。これも、リーシングオフィスやラボのFaxを代用すればいいことですが、検索すればアメリカにも日本のD-faxと同様のサービスはあるのかもしれません。これらのサービスは使い慣れていると日本に帰ってからも便利そうですね。

Skype2.5

コンピューターを無料IP電話にするSkype2.5がBetaでなく正式におとといリリースされました。こちらに来て、Skypeを使用している知り合いが少なくて驚いたのですが、お勧めしてインストールした友人には結構好評です。留学に必須のソフトだと思ってます。マイクをコンピューターに取り付けなければいけない印象で躊躇する場合がありますが、Macのノートブックの場合はマイクとスピーカーがついているので何も買う必要はなく、Winの場合はビデオ通話にも対応しているので、Webカメラにマイクが一緒についた例えば下記のようなものを買えば、音声はパソコンのスピーカーから出せばよくあまり機械を買う必要はありません。後悔しているのは、Bluetooth対応マイクを買っておけばハンズフリーで何時間でも無料で話せるため会話中も何かほかのことができると思ったのですが、そんなに長電話しないからまあいいか。
生活のセットアップのときは、自宅がインターネットに接続されていない点がこのようなIP電話の難点ですが、対処法としてはインターネットサービスのあるホテルを予約する。NIHのラボのコンピューターにマイクを接続してSkypeを入れる(結構みんな入れてます)。無線LANのネットワークを自宅からつなげるところがないか探したりスタバへ行ったりする。などが考えられます。
さて、今回追加された機能ですが、、、
1.普通の電話への通話発信が楽に
2.今年いっぱいアメリカ・カナダ国内の通話が無料
3.SMSメッセージ送信
4.Outlookのコンタクトを表示、Skypeから通話発信
5.Skypeクレジットの購入がより簡単に
とのことです。
1.は特にうれしくありませんし、3.は使いません。5.は確かに簡単になりましたがどうでもいいです。2.はSkype-outのことを言っているのだとしたらうれしい予感がします。4.はNIHのラボはOutlook使用してますが、自宅では使用してないのでべつにうれしくありません。
こんな機能より、ビデオ会話をもう少しスムーズにするような最適化をして欲しいところです。

ロジクール 高次元画質ウェブカメラ True130万画素センサー採用 QCam Fusion [QVX-13]Bluetooth/ブルートゥース ハンズフリーヘッドセット BT150(GN Mobile社 Jabraブランド)(A4...

Bill Gates

数日間BBSの書き込みをOffにしていたらコメントもOffになってしまってました。すいません。

MicrosoftのBill gatesが事実上引退するんですね。これでSteve Jobsが引退すると15年前から始まったOS戦争の一つの時代が終わる感じがします。アメリカではYahoo newsのトップでしたが、日本でも日経のNo.2ぐらいの記事になってますね。時期Windows OSはいつ発売されるのでしょうか??僕が小学生の頃は、PC-6001を使いながら将来はNECなど日本のパソコンメーカーが世界を牛耳るに違いないと希望を抱いてましたが、結局MicrosoftとAppleと両方アメリカでしたね。

AppleのMacintoshがCPUをPower PCG5からIntelに変更した事により、数ヶ月前からVirtualPCなどを使わなくても、MacでもWindowsXPが動かせるようになったのは中期的なプラス材料としてappleの株価も上昇したので有名ですが、Intel版Mac OSX(TIger)が作られた事によりWindowsマシンでもMac OS Xが動く様になり昔からの夢だったSony Vaioで、Apple OS Xの美しいOSを使用している後輩がいます。まあ、Intel Tiger対応のUB化されたアプリケーションが少ないのでまだあまり早くないと思いますが、少しうらやましいというより何でもありになってきましたね。15年前はwindowsとmac osが同時に動かせるorangeという構想があったように記憶してますが、OSが両方intelになって互換性がでるとは予想してませんでした。でも、何でもありなのはこちらに取っては良い事ですね。日本に帰ったら日本の専売特許のとても小さいノートパソコン(Panasonic let's noteなど )を買って、最も小さいMacOSマシンを遊びで使ってみようと思います。
と、このようにオタッキーに散財していて家族にものすごく虐げられる様子を読みやすい文章と天才的なユーモアで書いた、MacPeopleで連載していた下記の本が大好きで全巻持ってます。

PANASONICCF-R5KW4AXS【送料無料中】我が妻との闘争(極寒の食卓編)

Coupon

そういえば家にもBed, Bath & Beyondの20%Offクーポンが届きました。思えば生活のセットアップの時に何枚か友人からいただきバス、トイレ周りの用品の大部分を20%安く購入することができました。ご好意で下さった方本当にありがとうございました。
最も割り引かれたのがDysonの掃除機でした。これより安くDysonを買うためにはAmazon.comの再生品(Factory-reconditioned)ぐらいしか自分の調べた範囲ではありませんでした。でも日本(7万円ぐらい)と比べれば安いですよね。下記のDC12 Allergyが日本で使用していたものですがアメリカでは形が異なり、縦に長いので取り回すのに重く感じ、実際に2倍以上の重さがあるようです。しかし吸引力はさすがで買ってよかったと思ってます。あとは、日本ではDC12 animalと聞いてもピンと来ませんでしたが、こちらの部屋は毛足の長い絨毯が標準で敷き詰められていてその上で犬を飼っている家族が多いため動物の毛を毛足の長い絨毯においても強力に吸い取る点もセールスポイントになるようです。
BBBのクーポンは、Buy Buy Baby(こっちもBBBか)と違ってクーポンの期限が切れても使えることが多いのがいい点です。たまに男の人が一人で行くと断られることもあるそうですが、女の人が提示すればほぼ大丈夫です。
ドル建てクレジットカードで購入していたからうちの住所がわかって届いたのかと思いましたが、郵送先の名前がなく、ご近所さんと書いてあったので単に無差別に郵便ボックスに入れられただけのようです。これから留学されてくる人のためにも保存しておきます。
どうすれば、このようなクーポンが届くようになるのでしょうか?知っている方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが、一番早いのはそのお店で会員登録することだと思うのですが、実際お店に記入用紙がありました。またHPを見るとMy accountを作成でき、さらにMailing listにも申し込むと時々クーポンが送られてくるようなことが書いてありました。しかし、Buy Buy BabyのHPにはそのような記載がありません。今度、お店に行ったら聞いてみます。といっても、お店はアパートメントの隣なのですが。。。ちなみにこのようなクーポンは、eBayでも数ドルで手に入れることができます。単品の元値が高い買い物をするときには競り落としても十分もとがとれそうです。
日本よりもアメリカのほうが、若干価格差別(price discrimination)戦略が強そうです。が、ほぼ一緒です。

【送料無料・サイクロン掃除機】dyson ダイソンDC12アレルギー  【でんき0515】【デジタル祭0...さおだけ屋はなぜ潰れないのか?価格差別についてはこの本

オリエンテーション

こちらに来てから何度オリエンテーションもどきを受けたでしょうか。軽いのも含めて、DIS (Division of international survice), J-1, Tax, Insurance, Animal facility, NIH animal use committeで6回。今日は、ネズミの手術後にネズミのケアーをする、人間で言うICUの様な施設のオリエンテーションを受けました。
こちらは、ネズミが手術後になるべくやせて体力を消耗しないように、なるべく痛くしないように色々気を使ってますが、その施設の使い方を習いました。他に、英語が堪能な白人の研究者二人と計3人といういやな状況で、先生が言っていることは何とかわかるのですが、このメンバーでは、Is there any question?と聞かれてもなかなか質問しづらいものがあります。まあ、使ってみて徐々に質問すればいいかなという感じで帰ってきました。あとは、注文していた試薬も届きほぼ準備完了です。
今日は夕方はブラジル戦でまたもや友人とCyber cafeへ行きました。ブラジルが勝つのは当然としてクロアチアもなかなか強そうです。

Cyber cafeでは

さすがにみんながっかりしてました。まあ、日本のゴールもほぼ反則のラッキーなゴールで、オーストラリアの方が全体的に強かったので1-3は妥当な点差かも知れないですね。サッカーにはあまり興味なかったものの試合を見ていると、しかもオーストラリア人の横で見ていると、やはり結構がっかりします。後2試合応援しましょう。日本戦より、アメリカ戦、イタリア戦の方が応援している人も多くみんな興奮してました。いつも夕方ゆっくりコーヒーを飲んだりドーナツ食べている憩いのcafeがワールドカップ終わるまでは熱気に包まれそうです。
僕以外のうちのラボの研究員はみんな淡々と仕事してました。サッカーの熱狂的な試合観戦はまだ一度も体験した事ないので、来年当たりにはスペインにでも旅行に行って観戦したいですね。

イチゴ狩り

子供は少し風邪症状が残っているためあまり遠くに外出できず、このブログのBookmarkに入れさせていただいているLiziさんのサイト「Spice of Life#2」を参考に、サンタ狩り(By 稲中)でなく、イチゴ狩ってきました。
ちなみに、Rockvilleのイチゴは、Costco, Whole foods, Dutch market (Amish)で購入しそれぞれ赤くて大きいのが特徴です。Costcoはものすごく安いのですが、巨大イチゴの形をしたキュウリのような味がします。Whole foodsは、食べておいしいと思えるのですが、形が大きいだけあって中がやや、すかすかです。昨日行ったamishのものは、この3つの中では一番おいしいと思いますがやはり大粒です。
今日行ったのは、Germann townへ向けI-270NのExit16で降りたところの農園ですが、比較的ひろいイチゴ畑へ行くと大きな箱がもらえ好きなだけ取って良い事になっていて、最後に$1.6/LBS程度支払います。アメリカのスーパーで売っているイチゴと異なり小粒で中がしっかり詰まっていて確かに甘いため、うちの子供は最初から終わりまでずっと食べ続けてました。(ちなみに最後にお金を払うため取りながら食べた分は無料ですが、洗わずに取ってすぐに食べている人はあまりいません)
家にもって帰ると、取ったイチゴの多さが分かります。こんなにイチゴがあって何に使うのでしょうか???

Amish

NIHの敷地内を歩いているときに本当に偶然に大学時代のテニス部の女子部キャプテンの先輩に会いました。世界は狭い。。。土曜日にテニスをしているとのことだったので、テニスコートのあるRockville civic centerへ行きましたが今日は子供が病みあけだったためテニスはせずに挨拶だけしてきました。T.S.先生もよかったら行きましょう。
その後、車で30分ぐらいの所にあるamishのお店の「Dutch market」へ初めて行きました。そこで食べた大きなフライドチキンはものすごくおいしく、二人で4本食べ、あと2本+胸肉1つと巨大なポテトも追加で買いましたがあっという間になくなってしまいました。アメリカにきて本当によかった(単純)。ちなみに、入り口のフルーツジュースとホットドッグとプレッチェルも大変おいしくこれもまたあっという間に食べてしまいました。それから、ハムやソーセージや野菜や果物を買い込んで帰ってきました。amishについてはよく知らなかったので、帰ってきてからwikipediaで調べてみて色々納得しました。だから、Dutchマーケットという名前なんですね。
それにしても最近の情報検索は本当に便利です。いままでは色々な社会において経験者の言うことの重要性が高かったと思いますが、経験者が適当に答えたことに関しては簡単に間違えを指摘できてしまいます。子供が色々質問してくるようになったら隠れて検索して正確に答えなくてはならなそうです。
夜は日本のTVを見ましたが、日本の朝放映している「サンデージャポン」という番組のばかっぽさに最近はまって毎週のように見てます。

ワールドカップ

開幕戦ですね。僕のラボの隣のビルのサイバーカフェではESPNだったか、とにかくケーブルTVのスポーツ番組が映っていて、みんな色々な国のユニフォームを着てドイツ戦はかなり盛り上がっていたようです。一方で、エクアドル戦は閑散としてました。きっと、来週の月曜日の午前中は日本人researcherが集まっているのではないかと予想します。
僕はそれほどサッカーに興味ある方ではないのですが、念のため日本でDVD-HDに録画して上記の写真の左端の今度はMACにも対応予定のロケーションフリーを介していつでも見れるようにはしてます。こちらでも、ケーブルTVのスポーツ番組を申し込めば日本戦でも見れると思いますが、リアルタイムに見るとラボへ行くのが半日遅れますし、今のところ録画するVHSやDVD-HDを持っていないので、迫力には欠けますがロケーションフリーで見るか、あるいは隣のビルのcyber cafeへ行くかでしょうか。日本の医局は、ワールドカップの日本戦の時は教授回診も休みになった程ですが、こちらでは全くラボの中では盛り上がらずに日常通り業務が続いてます。

アパートメントにはパソコンが3台あってそれぞれ使っているのですが、comacastでは何台インターネットに接続するかで料金が異なります。もちろん、理論的にはルーターを使えば何台でも使えると考えられますが、今までは面倒くさくてロケーションフリー用のパソコンのみ有線で接続し、他の2台はどこのものかわからない無線に接続してました。ところが、今日はVerizonのインターネットがアパートメント全体で調子悪く無線の接続ができないため重い腰を上げて、AirMacを接続してcomcastのルーター及びAirMacを再起動して無線LANを構築しました。もちろん無事1台分の料金で3台を接続してVerizonより全然早いため満足してます。さらに、WEPキーを設定して、僕のような人が勝手に接続できないようにしました。3台接続したもののロケーションフリーの速度低下は体感上ありません。
こんなに簡単なのに、comcastで2台分のパソコンを契約して支払っている人はいるのでしょうか???

うちの教授はやさしい

今日は、動物実験の申請書が受理される日なのでうまくいけば来週から動物実験開始です。

そんなめでたい日なのに大変でした。うちの教授はいままでの上司の中で最もやさしく、いまいちやさしい上司になれていない自分は違和感を感じてそんなにやさしいと遊んでしまいますよ、と思うほどです。
数日前、その教授が僕のところに来て、あさって他のラボの教授が来るので何か話す?と言われました。うちの教授は、you don't have toとかIf you are busyとか駄目なら良いよという感じだったにもかかわらずOK, OK, I am not busy.と気軽に答えたら笑顔で帰っていきました。どうせ、教授と個人的に話しても公演前に10分ぐらいだろうとたかをくくってました。
ところが、昨日メールをみると1時間も二人だけで話す時間がSettingされていて、8人いるうちのラボの研究員のうち僕ともう一人だけで、しかも僕の先輩格の二人は名前が入ってないという絶望的な状況でした。おじさんが無理して若者風にいうと、これってやばくね?という感じです。
あのうちの教授のGentleな笑顔に向かって、Noとなかなか言えません。し、もともと日本にいるときからNoというのは苦手でした。やはり先輩はすごいと感心したものの昨日の夕方から、来られる教授の論文を読むことにしました。が、子供の咳と発熱もあり夜中もちょくちょく起きなくてはならない状態で寝不足のまま、本日10時からAtlantaから来られた教授とカンファレンスルームで二人で話しました。

みかけは、大柄で太っていて色が黒くてひげを生やしていて、あまり教授っぽくないのですが、とてもやさしい人でした。自分のいままでの研究を紹介し、今後行う実験の一部を紹介してアドバイスを求め、あちらの研究の内容を聞き、と二人で話していると思ったより時間がたつのが早く、やさしい教授はゆっくり話してくれるのでなんとかなるのですが、いまいち自分は英語では同じ言い回ししかできないな。と感じました。
結果として、有用な情報は少しだけれども聞くことができ、こちらでできない解析方法を必要なら共同実験で解析してもらえるらしく、まあ話してよかったかも知れません。これから、その教授のセミナーと抄読会へ行ってきます。
もう少し多彩な英語の表現方法を身につけなくては。。。

妻の運転免許

今日は朝6:30に起きると、この値段では買えないだろうと思ってかなり安めに指値を入れておいた日本株式の半分が約定していて村上さんの影響恐るべしと思いながら、今度は妻の運転免許の取得のためにMVAへ行ってきました。正式なHPにも書きましたが、6月からLaw testとskill testを一日で試験出来なくなったため今日はlaw testのみです。

7:00に家を出発し、7:30にMVA in gaithersbergに到着。すでに30人ぐらい並んでました。整理券を7:40に受け取り順番を待っていると、実は肝心のI-94を家に忘れたようで急いで家まで僕が取りに帰りました。I-94がないと書類審査が通ってもLaw testが受けれません。(ちなみに、妻の自宅の住所が証明出来る書類や郵便物を確保するのが結構大変です。後でHPに書いておきます。)
結局書類審査に10:00前に呼ばれ書類のコピーを取られましたが、僕の時と異なりもう一度別窓口に並び、視力検査と免許取得時期の記入などを行いました。二度手間になってます。その後、Law testを行い結局13:00までかかりました。大分新しい試験内容もわかってきたので、これも数日後にHPに傾向と対策の新しいものを載せておきます。
Law testは、なんとかぎりぎりのところで合格したようですが最初の3問がわからず頭が真っ白になったそうですので、やはりきちんと対策を練ってLaw testに望んだ方が良さそうです。test終了後、skill test予約の電話番号をもらって帰ってきました。

子供はMVAの寒い部屋で風邪をぶり返したのか、咳、鼻水が結構でてつらそうです。でも、これだけ症状がはっきりしていると処方が楽ですね。その後、NIHへ行ったら明日のセミナーの件で大変なことになってました。

新聞

メトロの揺れに慣れてきたので、最近メトロの入り口やアパートメントのOfficeなどに置いてある、The washington postの無料版の朝刊Expressを電車の中で読むことが多くなりました。イラクやイスラエルのニュースを読むのはもともと国際情勢に精通していないため難解で、少なくとも株式を含めた経済ニュースは読むようにしてます。今日は米国株式が大幅に低下した原因が記載されていました。まあ、日経新聞と情報はそれほどかわりません。
この新聞には、映画の無料権などを抽選でもらえるコーナーや、日本で作られて米国ではやっているSuDoKuなどがありますが、何といっても無料のため紙面の50%ぐらいは宣伝で構成されてます。
こちらは、病院受診を薦める広告も数多く掲載されてます。

Stroke and SAH preventionset (脳梗塞とくも膜下出血予防セット)
1.Carotid ultrasound(頚動脈エコー)
2.Abdominal aortic ultrasound (腹部大動脈瘤のエコーの検査)
3.Blood circulation test (四肢血圧測定)
3点セットで、value $95!!

とか、ビックリマークまでついてます。さすがにポイントカードなどはなさそうですが、こんな宣伝すると外来が混んでしまってイヤダとか文句を言っている医者はいないのでしょうか?このように好きに宣伝できる環境は大好きですが、自分は自然に外来にこられた患者さんのみで十分です。

ちなみに、上記の3点セットを施行しても脳梗塞とくも膜下出血の予測や最適な予防治療はできないでしょう。おそらく、IMTが少し肥厚していて少し動脈硬化気味なので血圧さげましょうとか言われるぐらいかも。

New blog

NIHの友人がblogを開設しました。このblogのbookmarkにあるEssays in Idlenessというページです。
僕のページよりも写真が多く、Rockville, Bethesdaの様子がわかりやすいと思いますので是非みてください。

アメリカでは月曜日は、How was your weekend?で、会話が始まりますが、今日は朝からワシントンのとある病院で硬膜外麻酔??かなにかの処置から細菌性髄膜炎になり死んでしまった女の子の話でもちきりでした。せっかく今日は昨日友人と飲み過ぎて二日酔い(本当のことです)という予定だったのに、予定としていた会話と全く異なりこれはやばい話題だなとおもっていると、案の定、質問が飛んできました。驚いたことに、テクニシャンもStaphylococcus meningitisは医者の手が汚い程度でなる可能性があるか?という専門用語を交えた質問をしてました。
う~~ん。可能性はあるんじゃないかなとお茶を濁しておきました。 それにしても、うちのラボはおばさんが多くのんびりした雰囲気なのですが、アメリカ人のおばさんたちはかなり話し好きです、話を周りで聞いているだけで英会話の勉強になります。

治った

結局、土曜日の夜中まで39℃の発熱があるにもかかわらず、水分を摂取してもらえず明らかにin不足のまま日曜に突入しました。寝ている時に口にいれてもすべて吐き出してしまいますし、ぐたっとしてます。しかし、日曜日朝おきると水分を沢山飲む様になり、熱も37℃台に下がってきました。抗生剤も結局3回で中止しました。いったい原因はなんでしょう。病院外では知恵熱とか言われてすまされてしまいそうな経過です。
また、今のところ発疹もなく突発性発疹の可能性は今回は少なそうです。(昨年冬に罹患してます)

今週末は、どこにも行けませんでしたが、こちらにきてから子供がTV一生懸命に見て興奮したり認知機能が結構上がってます。10年ぐらい前から、enrich envirnmentといって、ネズミを広くて遊び道具が沢山あって、2-3匹で一緒に飼うと、一匹で狭いケージで飼われたものに比べて明らかに認知機能がよくなる事が知られています。以前は、このような現象はあたりまえとか、眉唾とか思われていたと思いますが最近では、この現象と神経新生を組み合わせて比較的よいJournalに採択され続けてます。
このような環境で育つ事が何を刺激してとか、この遺伝子を活性化させてとか、の原因の全容は全く分かってませんが、少なくとも恵まれた環境で育つと、結果として大脳の記憶を司る海馬で新しく作られる神経細胞の数が大人でも子供でも上昇する事は確かで、さらに別の実験で、海馬の新しく作られた神経細胞の数が多い程認知機能がよくなるのも確かのようです。
東京の部屋に比べて、こちらは空気がきれいで、外で走り回ったりプールで泳ぐ事ができ、持て余す程部屋が広くそれを反映しておもちゃも沢山あります。さらに、色々な言語を聞いたり旅行に行く事も多くなり、明らかにenrich envirnmentな環境で子供が育っている様に思います。(東京でも3部屋あって、3人家族では十分と考えてましたが、こちらにくると認識が変わります。)
ネズミと違って人間はそれほど単純ではありませんが、一方でネズミと同様よりよい環境にいることで認知機能が上がってくれればとも思います。人間で似た様なstudyはあるのでしょうか???

発熱

日本にいるときは月に一回は熱を出していたうちの子供ですが、こちらに来てからいつも元気でおかしいなと思ってました。
ついに金曜日の夜から発熱しました。金曜日の寝る前は37℃台だったのですが、寝付いてから39℃に上昇してました。土曜日はイチゴPickingに行く予定でしたがもちろんキャンセルです。今回は、咳や下痢や皮疹などの所見がなく、まだ言葉も喋れないためいまいち主訴がわかりません。。。日本では周りに小児科がたくさんあり、さらに職業柄融通の効く病院も多かったのですが、こちらではどこに病院があるのかもわかりません。周りの人に聞いたり、医療保険の時のもらった本を見ればなんとなくわかるのですが、少し家で様子を見る事にしました。

日本からは様々な小児科用の薬をもってきたものの、小児科の知識は100%小児科を10年前に国家試験の時にさらっと勉強しただけです。熱だけをヒントに内科的に考えれば、
一般的に原因になりやすい感染性の病気としては、髄膜炎、脳炎、副鼻腔炎(子供は副鼻腔はあまりないらしい)、中耳炎、咽頭炎、喉頭炎、喉頭蓋炎、上気道炎、胸膜炎、肺炎、心筋炎、心膜炎、胆道系感染症、虫垂炎、腎盂腎炎、膀胱炎、大腸炎、精巣炎などなど沢山の病気が浮かんできますが、熱はあっても圧痛点はなく比較的元気ということでほとんどの疾患が除外されるものの、Physical examだけでは今回の原因がわかりませんでした。下痢や咳などがあって重症感があったほうがまだましです。
小児に多い、特徴的な皮疹などもなく結局診断が分からないまま解熱剤を一回使用しましたが、39℃台の発熱が続きます。

そうこうしているうちに、今度は食欲の低下だけでなく、水分を飲んでくれなくなってきました。飲めないというより拒絶されている感じです。日本にいた時は自宅で点滴してましたがこちらではできません。
のどが痛いのかと思いもしましたが、咽頭の発赤はありませんでした。いきなり高熱というよりも、そういえば木曜日ぐらいからだるそうだったな、とかかんがえているともうすこし慢性的に経過してもおかしくない不吉な病気も頭に浮かびます。
今回は、頭によぎった一番なってほしくない急性の病気が「急性喉頭蓋炎」で、昼は比較的元気でも夜に突然クループ様の症状がでたりすることがあると書いてあったのと、いつもうつぶせで寝ているのと、水分を強引に口に入れると口からもれて出してしまうことから否定しきれませんでした。さらに、もしかしたら喉が痛い(咽頭炎)のかもしれないためセフェム系抗生物質を投与開始してしまいました。う~~ん。小児科が周りにいないって結構心細いもんですね。
肺炎球菌ワクチンは早めに打っておこう。

Bluetooth

アメリカ人は、携帯電話でしゃべるのが好きなのか、あるいは週末&夜間の携帯電話料金が無料のプランが多いためか、Bluetoothのwirelessヘッドフォンをしてずっとしゃべっている人をかなり見かけます。bluetoothは、日本にいた頃はMacのwireless mouseは重くてあまり普段使いには向いてないため学会の予演の時にnote bookを遠隔操作して自分でスライドを回したりするときぐらいしか使用してませんでした。こんなところで一般の人に使われまくっていたとは。。。
片耳につけて両手をフリーにしてしゃべることができるため便利そうですが、たまにこの人は大きな声で独り言をいって精神的に危ない人なのではないかと日本ではほとんど見かけることがなかったため勘違いすることがあります。(最近は慣れました)
一方で、メールをやりとりすると極端に短いメールが返ってくることが多く時々あっけに取られます。きっと、キーボードたたくよりもやっぱりしゃべった方が早いと考えている人たちなのかも知れません。

こちらは、日本のようにお財布携帯もワンセグ放送もなく会話以外の興味を抱く機能がほとんどないのですが、bluetoothヘッドフォンは車の運転も含め良いかもしれません。あと少し気になるのは、日本でもおなじみのdocomo usaも(が?)端末を出しているキーボード付携帯電話で米国在住でも日本語メールの受信が可能なblackberryぐらいです。が、こんな程度の携帯は日本では様々な端末の候補があります。
携帯は明らかに日本が凝ってます。
ちなみにSkypeは下記のBluetooth対応マイクを使うとハンズフリーで話すことができて便利です。

◆送料・振込手数料無料◆ELECOM Bluetooth対応ヘッドセット BT-MH1 

暑い

数日前から、真夏のような陽気です。日本と比べて日差しは強い印象があり実際結構散歩しているだけなのに日焼けして健康的な色になってます。気温は一時的ですが摂氏34度ぐらいのこともあって東京の20度台がうらやましいです。
Rockvilleの北緯は仙台と同じぐらいと聞いてます。冬はNY, Bostonに比べるとましなものの本格的に寒いらしいですが、夏も本格的に暑いらしく、こちらに来たときにどのアパートメントにもプールがついていてほんとに使うのかと不思議でしたが納得しました。
先週末からアパートメントの結構リゾートな感じのプールに入れるようになりました。通知が来た1週間前はまだ入らないだろうと思ってましたが、早速子供の水着と浮き輪を買ってきてスタンバイしてます。

こちらは、天気予報も室内の温度調整もオーブンも体温計も華氏(F;degree Fahrenheit)表示なので全然実感がわきません。(同様にmile以外の距離、重さもまだ慣れません。)日本で一般的な摂氏Cとの関係は、C=5/9(F-32)。大まかに暗算するのは得意ですが、こんな計算できないのでなるべく華氏と体感温度を感覚的に覚える努力をしてます。今日は、70度!!なので涼しいなとか。
近似するとC=F/2-15強でしょうか。この近似式だと華氏の上昇に伴い誤差も大きくなります。誰かいい方法知ってますか?

<Wikipediaの引用です>
アメリカ合衆国とジャマイカでは、メートル法への置き換えが生産者側・消費者側の両方で大きな抵抗に遭っているため、ファーレンハイト度は様々な分野で広く使われ続けている。同様に、イギリスの一部では、低い温度はセルシウス度で表されるが、日常的に使われる温度はファーレンハイト度で測定されている。カナダでは、メディアではセルシウス度で温度が報じられているが、年配のカナダ人は今でもファーレンハイト度で温度を表す。
また、ファーレンハイト度での人間の平熱が98.6度であることはよく知られていて、体温が華氏100度以上になると治療が必要とされる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。