NIHへ行ってきます 2006年04月

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリナーズ戦

Baltimore Oriole versus Seattle Marines戦へ行ってきました。8対6で、Marinersが勝ち城島も打点を入れ、6回の打者1.2巡の猛攻もイチローが口火を切り、イチローの2塁から3塁への盗塁も見れて大満足です。詳しくは、HPの方で。
スポンサーサイト

妻の友人

今日は、実験プロトコールがreviewプロセスに入りました。一応、一段落で結果待ちです。

妻と子供が来てちょうど7日目ですが、結構Rockvilleを気に入っているようです。子供は、部屋が広いのと、近くの公園にexcitingな乗り物があるのと、自分の机をかってもらって食事ができるのと、両親が結構まわりにいる時間がながいのとで、はしゃぎまくって、疲れて寝ているような感じです。

妻は、空気が良く、買い物も徒歩でも不自由しなく、日当りが良く環境に満足しているようです。アメリカが気に入ったといってます。(自分は、日本の方が吉野家、ゆで太郎など繊細で簡単な外食が多くて好きですが、、今度NY吉野家へ行ってきます)さらに、一日に一人ぐらい奥様友人を作ってきます。結構、日本人に一日1-2人あうらしいです。
今日は、その友人にこっちにきてから日本食ばかりなので、ステーキ食べに行きたいけど、どこか知りませんか??と質問して教えていただいた、ブラジルステーキ屋へ行きました。徒歩で行ける範囲で、RAMADAホテルの裏です。今日は、せっかくアメリカにきたからアメリカっぽいものを食べに行こうと約束してました。

味はかなり行けます。何回かいってもいいぐらいです。システムは難しく、基本的に$30弱で食べ放題です。中心部にサラダ、ご飯、デザートバーがあり、肝心の肉は16種類あり、すべて太い串にささっていて(渋谷のシシカバブってこんな感じだったっけ?)、それをもってグルグルまわっている男性店員が何人かいます。机にある信号色の木を青にしておくと肉串をもった店員がやってきてお皿に入れてくれます。飲み物も、ソフトドリンクであればおそらく1.75$で飲み放題です。(やや未確認です。自分はビール飲んでよっていたため)

子供には、またいで足でこいで進めるハンドル付き電車を今日はTargetで買ってあげました。

が、レストランから帰って来ると二人ともすぐに寝てしまい。10PM-。自分は何もすることなく、朝1時までHP更新してました。でも、徐々に寝る時間がこちらの時間帯にadjustされているように感じます。

ANAカード

今日は、ラボの黒人の女の子の車で、イタリア人の女の子と(両方とも20代だと思います)、ワシントン病院のセミナーに出席しました。二人とも将来は神経内科専門医になりたいそうです。NIHから車で1時間かかります。
イタリアなまりの英語はとても聞き取りやすいのですが、native americanは聞き取ろうと脳ががんばっていて非常に疲れます。でも、下っ端だけで、車がどうとかアパートがどうとか、父親がどうとか(驚くことに一人は経済学者、一人は銀行のえらそうなpositionで、うちも経済学者で、経済ってつまらないしよくわからん、きっと役にもたたないにちがいない、といってもりあがりました。)話すのは楽しくなってきました。
遅刻気味に到着するといつのまにか、うちの教授も来ていて、セミナー開始です。脳梗塞予防の最新知見でしたが、、、時差ぼけが遅発性に出現したのか分かりませんが、睡眠学習してきました。帰りに、車のせてもらったしジュースぐらい買った方がいいかな?先輩だし?でも、NIH歴は後輩だけど。。。とか、考えながら、What do you drink?とか意味不明の文章をつい言ってしまいましたが、コーラが飲みたい~~とか、思ったより反応よく結果オーライです。

本日、やっとANA USA CARDが届きました。これで、やっとドル建てクレジットカード一枚手に入れることができました。スムーズな人は、もっと早く手に入れられると思うのですが、自分は結構時間かかったと思います。
さっそく、そのカードを使用して、水道と携帯電話の請求書の支払いをオンラインで行いました。携帯電話のほうが、いまいち成功していないような感じもしますが、週末T-mobileに直接行って来ます。

子供は、Rolins Parkの裏手の公園に行きおおはしゃぎしていたようですが、帰ってきたら結構虫に刺されて泣いてました。でも、すぐ治りそうです。
ANA 国際線航空券

トイレのつまり

アメリカのアパートメントは、よくトイレが詰まるため、お店でも吸引する道具が売ってます。友人にも買うように進められていたのですが、いままではぜんぜん詰まる雰囲気がなかったため購入しませんでした。
 が、今日突然つまりました。朝だったためそのまま静かにふたを閉めて、仕事がおわってから、bed, bath & beyondでウェポンを購入して何度か吸引したら流れました。おそらく、必須のアイテムなのでしょう。

security office

なかなか、実験プロトコールのbiological and chemical agents使用に関する項目の許可が下りません。というよりも、security staffがどのように対応したらよいか悩んでいるようす。今週金曜日には、会議を開いて決めておくといっていましたが本当でしょうか?

comcastとの戦い

昨日、結局インターネットが接続できなかったため何度もcomcastに連絡しました。ケーブルをモデムに差込み、イーサーネットコードをモデムとPCにつなぎOKのはずです。status checkでも、回線、モデムともにOKとのことであとは、自分のアカウントが認証されれば理論的にはつながりそうです。
ところが自分の英語力のなさもありますが、comcastのテクニカルサポートは全く見当はずれなことばかりいいます。
しまいには、明日テクニシャンを$30で派遣する。とか言い出します。そんな必要なく自分のアカウントさえupdateしてくれればいいのにとか言っても拉致が開かない、というやりとりを何度かした結果、4度目ぐらいの電話で、あなたのモデムの認証がこちらで済んでいなかった。といって、認証してくれつなぐことができました。昨日から計3時間は電話したと思います。
こんなことなら$30で、テクニシャンに来てもらってもよかったのですが、self-instlation購入の意味がないのでがんばりました。

 夜は、渡米したての子供が夜中に走り回ってました。

家族入国

本日は期待と不安が入り混じった妻と子供の入国の日です。10時前に家をでて、ダレス国際空港へ迎えに行きました。コーヒーを飲んだり、空港内を探検したりして時間をつぶしていると、11時前着のANA直行便は時間通りに到着して、11:30頃、家族が出てきました。1歳ちょっとの子供がいるので、もう少しemergencyな状態で出てくるかと思ったら意外と平然な顔して出てきて安心しました。聞くと、特典航空券ビジネスクラス+子供膝上料金でしたが、子供の周辺の席を空けてくれたのか、ビジネスシートを3席分使用できたため、子供も比較的泣くことなくこれたようです。
でも、うちの子供は自分のご飯+妻のご飯+ANAストック用ご飯すべて平らげてしまい、驚かれたとのことでした。確かに、最後にあったときより太ってました。

その後、家の周りを案内して、whole foodで買ってあったお寿司を食べて、早速時差ぼけで二人とも寝てしまいました。
(実際には子供は東京の狭い部屋と比べあまりに部屋が広いせいかしばらくhighな状態でかけずりまわってました。)

今日は、cable TVの接続の日でした。17時から予約してましたが、携帯電話に連絡があり15時にくるとのこと。早速接続してもらいcable TV開通です。

その後、Best Buyへ行き、半年間20$でbroad bandが接続できるプランのself-instllation kit及びモデムを計$99で購入して接続を試みましたが、最後のmy accountのチェックでぜんぜんつながらず3回comcastに電話しましたが拉致があかず、最後には明日にはつながるとぜんぜん信用のおけない言葉を聞き、今日はあきらめました。

amendment提出

朝9時からの打ち合わせで、amendmentをオンラインで申請するように教授に言われたため午前中は申請内容をオンラインでコピペして、申請完了。あまり、何も指摘されずに通るといいのですが、、、
それをプリントアウトし、教授にサインをもらいbuilding30の担当官に渡しました。その後、

アルコール講習

今日は、この分野全体のjournal clubでしたが、中止のメールが来てました。こっちでも、論文読み終わらないから延期してくださいとか、日本でよく使っていた手段は使えるのでしょうか。きっと、英語に苦労しないひとが多いのでそんな理由ではなさそうですが。

18時からアルコール講習(車の免許をとる前に受けておかなければならないもの)に行って来ました。Katzさんのサイトを参考に、white flint recoveryに向かいました。google mapなどで下調べしておかないとなかなか難しく、入り口へ行くまでなんの標識もありません。
入り口で、パスポートを見せ、$35支払うと薄暗い部屋へ入り、テキストを2冊読むように言われます。一冊は、アルコールおよび麻薬などのdrugの説明をtableにして読みやすくしてあり、もう一冊はそれらのdrugの文章が裏表で計30ページぐらいあったと思います。テストに出る箇所が、誰が引いたのか下線が引いてありましたが、一緒にいった友人のものにはなくテキストによって異なるようです。
18時に入室し、途中タバコを吸うために退出やドリンクの自動販売機もあります。僕たち二人以外は、多国籍の女性5人でした。もちろん、そんなテキストは読むきせず、時々退出してました。19時30分に問題と解答用紙が配られテスト開始です。友人と日本語で会話しながら、もちろん満点でした。理由は、Katzさんのサイトに過去問が掲載されているからです。問題の並びが異なるだけで、100%内容は同じでした。2分ぐらいで、解答用紙を書き終え、担当官に渡すと10秒以内にチェックしてくれ、合格の証明書をもらえます。あとは、車の免許を取りに行くだけです。ただし、車の免許試験は、数ヶ月まえから、walk-inシステムになりかなり早起きしないと試験すら受けられないようです。

ARIJANGが、今回の試験会場から近いため再びARIJANGで食事をして買えると、ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)が郵便ボックスに届いてました。これで、動物実験trainingのweb versionが受けられます。あとは、銀行とか色々なところに連絡しなくては、、、

動物実験

ようやく完全にプロトコール完成。教授に見せるとexcellentと言われ、少し直されましたが結構自分なりによくできたなという感じです。後は、animal care trainingなどの申込をしたら仕事のやる気がなくなってしまい、18時には帰宅しました。となりのwhole foodsで、色々買い込み、アジアンパスタをたべるものの結構香辛料が強いな~~と重いながら何とかワインで押し込みました。

4月下旬に、Baltimore Oliolesがシアトルマリナースと対決するという情報を友人から仕入れていたため、HPからチケットを購入しようとしましたが、ドル建てカードがないと買えない仕組みになっているため、友人にまたまたお願いしてしまいました。こっちきてから、お願い事ばかりです。でも、調子は悪そうだけど生イチローと城島楽しみです。

ドル建てカードは、現地でチケットを取るときには必須です。

Tax

これから、NIHに来る人は初年度でもTax取られるようです。詳細にいまは説明できるほど知識がないので、詳しくはHPに書きます。

それで、今日はTaxセミナーに出席しました。J-1ホルダーは一回は出席しなくてはならないことになってます。結局、よくわからないけど確定申告時には少し還付されるのかな?????

また、わかったら報告します。

TV

結局、固定電話は契約せず、comcastというケーブルテレビ会社のcableインターネットサービスを使用することにしたためcomcastに連絡し、4/22夜にセットアップに来てくれることになりました。今回は英語でもだいぶスムーズにことが運びましたが、英語が上達したわけではなくゆっくり相手が話してくれたからだと思います。

TVとかコンピューターを買うときにはそれなりに色々悩む性格(服などは数秒以内に決めますが、、)なので、それまでにTVを選ぶのもいいかげんなものを買ってしまいそうなため、友人からあまっているサムスンのTVを借りました。アンテナ線をつないでみましたが、いまいち画質が悪く原因不明。
comcastの人が来たら聞いてみよう。

週末

やっぱり週末はうれしいですね。

日本にいるころは、週末もほとんど大学へ行っていましたが、こちらのラボは週末は働かないらしいので、習慣にあわせなければ。。

ラボにきた日本人の先輩の生活のセットアップのため、僕がいままで回った店を一通り回り、自分はコンピューターデスクと引き出し付きの棚を購入。かなり大きく重いものの、なんとか車の後部座席を倒しながらアパートメントまでもって帰り、組み立てました。二人でよかった。一人では、絶対に運べません。完成してみると結構、立派な机と棚で満足です。

夜は、arijang?と言う名前の韓国チゲ鍋屋に二人で行く。やっぱりここは結構おいしい。とくに、チジミが。

meeting

朝から毎週恒例のラボのmeeting。カナダから、たまたま来ていた女性研究員が出席していたためみんな自分のやっていることを細かく説明していたので、結構時間がかかりました。僕も、こんな実験をやるつもりと説明し終了。

お昼は、ラボの若者たちでNIH近くのsusi barの「松葉」という店にいきました。回転寿しの脇の机に座りましたが、焼き鳥や天ぷらや餃子やなんでも秩序なく回っている。。。。
しかもすべて醤油をつけて食べるシステムで、天つゆや餃子のたれなどありませんでしたが、みんなおいしそうに食べていたので、一応おいしいと言ってしまいました。箸の使い方の説明が難しかった。。。

午後は、SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)の申請のため、Rockvilleのsocial security administratorへ行きました。家に帰って、車に乗り換えるのもめんどくさかったため、Rockville駅で下車し歩いて15分ぐらいでした。駐車場はたくさんあるので、車のほうがはるかに楽です。
結構、混んでいる時間帯で1時間ぐらいまたされ、申請終了。2週間以内にSSNが届くとのことでした。ちなみに、申請時にSSNを教えてくれといってみましたが、やっぱり、無理と言われました。

夜は、大学の同級生家族に夕食を招待してもらい、久しぶりに大学の同級生の情報を色々聞き楽しみました。さらに、大学時代の部活の先輩、大学の同級生の単身でNIHに赴任している奥さんなどもあつまり遅くまで盛り上がりました。

でも、こんなに日本語ばかり使っているとなかなか英語が話せるようにならないかも。。。

プロトコール

ここ3日間で書き上げた実験のプロトコールと申請書を教授に見せにいきました。以外と好評でこれでいきましょうと言われ、実験の方針が決まって一安心。今度は来週までに細部まで完全に仕上げなくては、、、

午後3時からは、jurnal clubがありましたが結構僕たちの科で代表的な疾患の治療のreviewで、そういえば読んでなかったなと思いましたが、担当の人は一人で1.5時間ぐらいかかって説明していて、さらに臨床の論文なのに基礎的なこともばんばん質問がでて結構大変そうでした。

夜は、日本人の先輩とベセスダをどんどん南下してメキシコ料理食べました。結構にぎわっていて、おいしいのではないかと期待した割にいまいちです。

もう一人

日本人の先輩が、10日遅れで同じラボにこられました。

同じM.D.、同じ科ですが、日本の勤務先病院が救急病院だったらしくほとんど準備できてなかったとのことで大変そうです。とりあえず、僕がこの10日間でやってきたことを伝え少しでも役立ってもらえればと思いがんばりましたがなかなかフォローできることも少なく、でも何とかがんばってみました。

留学すると普段ならあまり付き合いのない先生と色々知り合いになれていいなと感じました。

今週は、

特に何の用事もない。

実験も手を動かすのはまだ後だし、セットアップで急ぐ必要のものもないし、車も買ったし、ということで、先週末に教授から言われた実験申請の書類を作成してみました。

といってもamendmentと言って、以前申請してある内容に今回新たに加える内容、目的、その方法などを普通の人にもわかりやすく書くものです。つまり、あまりscientificに書くというよりも自分がわかるようにかけばいいのか、と勝手に判断し書き進めました。でも、以前申請してある書類を理解するには、ラボの論文、その周辺の論文も必要で、それらを読み終わりだいぶ頭の中もまとまり、とりあえず、visualizeされたフローチャートを作成しました。申請書のほうも、まえに、申請をした人の書類も入手したため思ったよりはかどって満足。

ANA USAカードから住所確認のメールがきていたものの、utilityの請求書などはまだなく、アパートメントの契約書、銀行の残高などの書類を用意し、Fax。審査が通ればあと、10日後に届くとのこと。結構、待たされます。

プラチナメンバー

昨日遊びに来てくれた友人家族と、Rockvilleを6時に出発し、ダレス国際空港へ行って来ました。
この日は空港のdepatureがすごく込んでいて、security checkなどを含め、とてもボストン行きの飛行機に乗れそうもない状態でした。幸いANAプラチナメンバーだったようで、チェックインカウンターも特別窓口で、なんとか通過し、それでも出発の30分遅れで飛行機にたどり着いたそうです。
飛行機からは、遅れたお客様の都合で30分遅れですが、10分遅れぐらいで到着しますとの嫌みを含めたアナウンスが流れたらしく、でも無事ボストンについたとのこと。
ところが預けた荷物は、登場した飛行機には乗らなかったらしく、夜自宅に届けるよう交渉したとのことでした。いずれにしても、プラチナメンバーでなければ無理だったと思われます。

こちらでは、日本の自分の息子が高熱を出しているとの連絡をもらうものの、何もできず歯がゆい思いをしながら、昨日飲み過ぎたためか自宅の鍵のスペアーがないことに気づく。
昨日のcheckのことといい、悪いことは重なるものだと思いながら、部屋のセットアップを進めていると、すでにゴミ捨て場にすてたゴミ袋のなかから、スペアーキーを発見!!
さらに、高級そうな椅子を粗大ゴミコーナーで発見!!翌日には、子供もだいぶ落ち着いてきたとの連絡をうけ、徐々に流れがいい方向に向いてきました。

ボストンから来客

こちらにきて一週間強ではや来客です。まったく気を使わない家族であるものの2歳弱&3ヶ月の子供がいる点が少し心配です。朝7時にダレス国際空港へ、もう一人の友人の車のあとについてpick upし、もどってくるもののあいにくの大雨。ワシントンの桜が見たいと言っていたのにほとんど散ってしまいました。

ボストンの友人は気を利かせて、クレジットヒストリーのない僕をT-mobileに連れて行ってくれ、デポジット0$でT-mobileに加入させてもらいました。大雨のため、昼から飲んで結構友人は酔っぱらってましたが、その後布団の買い出しにIKEAへ行きもどってくると夕方。HINATA寿司で、寿司を購入し、色々話しながら飲んでいるとあっという間に寝てしまいました。
かなり、楽しい日でしたが要約すると上記ぐらいしかやっていないので、ボストンからワシントンへ1泊で飲みにきたとしか思えない強行日程でした。

それから、昨日chevy chase bankからアパートメントの4月分の家賃のcheckを切った分が引き落とせなかった旨のはがきが届いていたため、すこし落ち込んでました。結局、TCが使えるようになるためにはある程度の日数が必要にもかかわらず、銀行にTCを預けた当日にcheckを切ったからのようです。今日の時点ではすでに、すべて現金になっていたため、cacher's checkを銀行で作成し、leasing officeへ行き支払ってきました。ペナルティーがかからないといいけど。。。クレジットヒストリーに傷がつかないといいけど。。。と、不安が残りますが今のところ大丈夫そうです。

金曜日

何も仕事していませんが、とりあえず明日から週末です。時差ぼけは完全に解消し、食欲もわいてきてだいぶ生理的に順調になりました。毎週金曜日朝9時からは、一週間行ったことを教授の前で発表するらしく、そのmeetingに出席しました。みんなが何をやっているかだいぶ把握して、自分の自己紹介もして1時間強で終了しました。みんなの前では初めての自己紹介だったので、僕が何者か理解され、ラボに帰ってからだいぶみんなと話しやすくなりました。

給与係へは、教授のサインをもらった書類を提出することになっているため、教授室へ行くと、1時間ぐらいつかまり今後の研究方針を決めることになりました。(ゆっくりセットアップしてくださいと先週言っていたのに。のに。)
話し合いは順調で方針も決まり、その実験プロトコールを審査委員会に提出するため書いてみてくださいと。。。。全部で20ページにはなりそうです。教授は手伝うと言っていたけどあてにならないなーー。と思いながら午後はとりあえず論文をよみ構想をねり来週プロトコールを作成することにしました。

明日から、ボストンの友達も来るため、子供も食べられるような食材やビールを買い出しに行き、家族にskypeして就寝。

Orientation

今日は、NIH J-1 holderのオリエンテーションの日でした。building31Cの上の方のフロアーに行き、プリントをもらい入室すると、同様の新人J-1 holderの人が20人以上いて、机にはマイクがついてました。一人ずつ、マイクで自分の名前と出身国を言ってから、オリエンテーション開始。約1時間ぐらいで終わりました。J-1 holderの説明や、他国へ出国するときの手続きなどの説明をpower pointで説明していましたが、半分程理解できたかな?という感じです。

お昼に終了したので、building10のカフェテリアで非常にまずい昼食をとって、ラボにもどりやることないのでラボの論文を読んでいると、16時からラボ全体のセミナーがあるとのことで出席しました。今日は初めて本格的に同じラボの人と会話したな。でも、いっていることはわかってもいいたいことがなかなか伝えられません。
セミナーは、high resolution DWIの説明で、今までconventional DWIでは見つからなかった微小病変がたくさん描出されており、本当か??と言う感じでした。

今日も早めに帰り、昨日買った車にのり、bethesdaにもどって、中華のテイクアウトの炒飯を買って帰宅。
ボストンの友人は、skypeと携帯があるのなら固定電話はいらないのでは?と、魅力的なsuggestionをしてくれたため、comcastケーブルテレビ及びそのブロードバンドサービスの情報を見ていたら寝てしまいました。でも、固定電話機械だけ買ってしまったけど。。。

車購入

午前中は、自分の机に支給されているDell computerでログインしようとするができず、コンピューター係に秘書さんが連絡してくれる。自分の机の電話にその人から電話がきたが、その通りに入力してもログインできず、直接きてくれるがそれでも駄目で、前使用していた人の設定の問題らしいと。10時からBlue Cross/Blue Shield(健康保険)の説明会出席のためあとはその人にまかせて一時退出する(にげる)。

健康保険の説明及びいくつかの書類に記入して終了して部屋に帰ってくるものの、やっぱりログインできません。しばらく自分のMacノートブックを使用していると、さきほどの人が来てくれ再度tryしてこんどはログインできるようになりました。これで、職場のインターネット、メール環境が整うことになったため、オンラインでJ-1ビザ取得者のオリエンテーションをすませました。

再び15時から友人にFord dealerへ連れて行ってもらいました。その前に、AGISに電話して車の保険のpolicy numberをFord dealerにfaxしておいてと依頼して、途中、Chevy Chase Bankに寄ってみたものの再びcacher's checkが作成できないと。
昨日は今日できると言っていたとごねていると、窓口の人が支店長のところへ行きOKをもらったようで作成してくれることになりました。$17,000を超えるcheckをもちdealerへ行き、お金を払い、説明を聞き、AGISからfaxが届いていなかったため再度faxを依頼し、ガソリンを満タンにしてもらいアパートメントまで運転。最近2ヶ月程日本でも車を運転していなかったため特に違和感なく走れることに気づきました。

今日は、家に帰るとボストンMGH勤務中の友人家族が週末こちらに遊びに来ると連絡があり、まだ布団一枚しかない状態でしたが、友人に連絡をして空気式のエアーマットを借りることにしました。

出勤2日目

といっても、頭の中は車のことでいっぱいの状態。朝9:00(もちろんラボへは遅刻気味)、車の代金を支払うためchevy chase bankへ行くと明日にならないとcacher's checkが作れないとのこと、それでは今日お金を払えないではないか、、、

後で気づいたのですが、大金のトラベラーズチェックが現金に換金され銀行の様々な手続きに使えるようになるまでには数日から1週間程度かかるようです。すぐにでも車を買う人は銀行に預けずに危ないですが、トラベラーズチェックのままもっていないと車がかえません。米国のクレジットヒストリーのない日本人は、日本のクレジットカード(ゴールド、プラチナであっても)でしはらえる車の代金は、Totalの約20%だそうで、のこりは現金かcacher's checkで支払うことになります。

せっかくの遅刻なので、leasing officeへ行き、昨日自力では不可能だったワシントンガスなどに電話してもらうことに。PEPCOという電気会社は契約完了しましたが、ワシントンガスはSSNがないと駄目とのことでSSNを取れる1ヶ月後に電話するようにと。水道会社に電話するのを忘れ、ラボへ。

今度はNIHから自力でdealerに電話すると、明日で支払いはOKとのことで一安心。dealerもいい加減で今日の午前中に届くといっていたのに、今日の夜とどくとか言っていたので、明日dealerへ行くことにする。AGISの保険は、車両保険を含めて半年間$699だったため依存なく入会。車を乗って帰るためにはpolicy numberが必要ですが、アパートメントのfaxが壊れているため受信できず、明日dealerへ直接faxしてもらえばいいかと考え車の件は終了。

ラボへ行くもののまだ実験テーマが決まっていないため、みんな色々気を使ってくれパソコンやプリンターを使わせてくれました。せっかくなので、ラボの論文を読み、ある程度自分の研究テーマを考えることにしました。

初出勤

今日は、初出勤といってもまずDIS (Division of International survice)へ行かないと初まりません。昔は予約が必要だったそうですが、最近はwalk-inシステムになったらしく予約なく行けば受け付けてくれます。DS-2019とパスポートを持参しDISへ行ったところ、教授のサインが必要な書類にサインをしてもらっていないことに気づきました。DISのあるbuilding31Cから自分のラボまで早足で10分はかかるのに。。。。
でも、しょうがないのでラボへいったところ幸い教授がいてサインをもらい再びDISへ。書類は今度はOKで、20分ぐらい待たされた後に、とてもゆっくりでわかりやすい英語で、これからするべきことを説明され終了。するべきことといってもたいしたことありませんが。。。その後、INH IDカードを写真をとって発行してもらいラボへ。お昼には、教授に出席するように言われたneuroscience seminarに出席し、かなり自分の興味とだぶっていたので初日から感銘をうけました。

みんなに挨拶し、机の整理をしていると今度は秘書さんが現れ、給与係、健康保険係、文房具の買い出しなど一緒に回りなんだかんだで夕方になる。
今日も友人が気を利かせてくれFordのdealerへ連れて行ってくれました。色々交渉したあげく、黄色いford focusに決定。でもここにはないので明日取り寄せるとのこと。JALファミリークラブのAGISの保険に入るため車両番号(VIN#)をもらい帰宅し、入国2日目に連絡してe-mailで受け取っていたAGISの保険申し込み用紙を記入し、アパートメントのFaxで送信して終了。あとは、お金の用意だけかと思い寝ることに。

今日はそれ以外にも、固定電話やワシントンガスなどのアパートメントの部屋のutility関係にも昨日買ったプリペイド式の携帯で電話しましたが、早口なアナウンスが流れ何番を押していいのかわからず切るという、意味不明のbehaviorをNIHの敷地内で繰り返してました。結局、一つも契約できなかった。。。。
でも、部屋は電気、ガス、水道は使えているので焦らないことに。

4日目

この日も、友人に色々セットアップに必要な物品購入につきあってもらいました。こちらに来てから本当にいろいろな人にお世話になっています。今日は、サンダルや傘、浄水器などを購入。お昼ご飯の差し入れももらい帰宅。だいぶ、お湯を沸かしてお茶を入れる、とかあっためて食べるとかはできる環境になってきたものの、照明も少なくやっぱり暗くなると少し寂しい感じがします。

このアパートメントには、cyber cafeと名前のついたビジネスセンターがあり、プリンターやFax、インターネット接続可能なDellが4台おいてあり、セットアップ中でインターネット接続が不可能な状況では大変便利です。ここで、インターネットを接続し、ANA USAカード、JALファミリークラブへの連絡(Fax, e-mail受信が不可欠です)などしましたが、なんと自分の部屋でもだれの無線ネットワークかわかりませんが、WEPキーを設定していないため接続可能なことに気づく。しばらくいそうろうさせてもらうことに決定。。。まずいかな??

きっとアパートメント標準装備なのだと自分で納得する。

3日目

 今日は、アパートメントの入居の日。朝起きて、道向かいのアパートメントへ行くとleasing officeは10時からopenと書いてあるため、一度ホテルへ撤収。昨日までのメールでは、9時に行きますと書いて何も言われなかったのに、、、
大量のトラベラーズチェックを持っていたので、持ち歩くのも不安だったので、chevy chase bankへ行き、口座を開くことにしました。ソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないと、chevy chaseでは口座が開けない(特にsaving account)と聞きますが、大量のTCを見せつけていたらあっけなく口座が開かれ一安心。アパートメントのデポジット以外の必要なトラベラーズチェック以外はすべてTCで預けてしまいました。銀行カードは1週間かかるとのことでしたが、checkを書き込める冊子を一冊もらい無事終了。結局、パスポートとDS2019以外には、連絡先が必要でしたが、友達の電話番号でOKでした。(ラボの電話番号を前日に聞いておけばよかった)

 銀行で時間を取られ、10時過ぎにアパートメントのleasing officeに行くと担当の方がいて、おそらく20ページはあると思われる契約書を、大幅に略しながら英語で説明され、いまいち内容はわかりませんでしたがあまり無茶なことは書いてなさそうだったので、一枚一枚イニシャルを記入、fullのサインも2カ所にして契約完了になったようです。ただし、当初予定していたデポジット以外に4月分の家賃も払うようにいわれ、そんなこと聞いていなかったと反論する勇気(英語力)がなく、先ほどもらったcheckを見せるとそれでいいというので金額を記入、サインをしてわたし、簡単な施設のツアーの後に鍵をもらい無事入居しました。(このcheckが後に使えなくて少しめんどくさいことになるとは。。。)
 部屋にいると、日本にいるときにこのアパートメントを探してくれた友人が、ホテルの荷物をここに運ぶのは徒歩だとおもいのではないかというやさしい心遣いで来てくれ、友人の車に乗り、お昼にホテルをチェックアウトし、日本から持ってきたたくさんの荷物を無事部屋に搬入完了しました。

 13時からは別の友人が、食器など差し入れしてくれ、その後その友人の車で、carmax, toyoya, fordなどのdealer、bed, bath & beyond, さらには車で30分ぐらいかかるIKEAなどを巡り必要物品をそろえました。車は日本にいるときから、あまり大きくないハッチバックをいう妻の希望もあり(本当に自分で運転するのだろうか??)、もちろん値段も高くないトヨタmatrixか、フォードfocusに決めてました。結局、フォードで$2,500引きのキャンペーンをやっているとのことで、さらに黄色いbody colorがあり、ほぼ心の中は黄色いford focus ZX5に決定です。

夜は、Amazon.comで、zojirushiの炊飯ジャーを注文。2-3日で届くところは日本のamazonと同様で、広いアメリカの割にがんばってるな。と思いました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。