NIHへ行ってきます 生活

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIHテニス会 東西戦&送別会

2年以上、我が家に取って特別な存在で、旅行や雨などでなければ必ず参加していた土曜日のテニス会。なんと、いよいよ今日は我が家と大学の先輩2家族の送別会になっていましました。。。いつものように、Rockville City Centerで試合をし、いつも場所を提供してくださる先輩ご家族のお宅でBBQ。僕がテニス会に参加するより前からメンバーだった古株のみなさんともテニスが出来て懐かしい思いがよみがえりました。先輩方は、生活の立ち上げ、楽しい旅行先、あるいはLiving in Rockville経由での僕には回答不可能な鋭い質問メールに対する回答など、留学生活に関するマスター•ヨーダのような存在で、 【“NIHテニス会 東西戦&送別会”の続きを読む】
スポンサーサイト

Birthday Party

今日、日曜日は沢山の方(息子と同年代のPlay groupのご家族)に息子の誕生日Partyに参加して頂きました。お忙しい所、参加して頂き、プレゼントやお祝いの言葉、お手伝いなどなど本当にありがとうございました。アメリカでの最後の息子の誕生日を皆さんと一緒に楽しく過ごすことができました。
アメリカでの誕生日は、主役を抱える家族が準備をして皆さんを招待することになっていて、レストラン、マクドナルド、ゲーゼン、公園などなど様々な所で誕生会が行われます。今回の息子の誕生日会に向けて、 【“Birthday Party”の続きを読む】

Lunar New Year Party

妻の友人のご家族に、旧正月のPartyにお誘いいただきました。日本人にはあまりなじみがないですが、D.C.のチャイナタウンあたりでも毎年盛大なお祭りがあるようです。お招きいただいた家も、様々な中国風の飾りつけがしてありとても楽しい印象的なPartyでした。
翌日は、友人の帰国Party及び誕生会にお誘いいただきました。ありがとうございました。少し飲みすぎてしまいました。4月までに、多くの友人が日本に帰国されてしまうので寂しい限りですが、Living in Rockvilleを通して知り合った、新たに来られる方々のセットアップもお手伝いして、こちらも徐々に帰国の準備を進めていこうと思います。帰国される友人からお聞きした家具を引き取って売れたら半分お金がもらえる、 【“Lunar New Year Party”の続きを読む】

Freezing rain!

留学して2年になろうとしていますが、今日は初めて本格的なFreezing rainを体験しました。留学後から噂には聞いていたのですが、、、といっても車の運転はしていなくて、NIHの敷地内を19時頃家に帰るときに外に出たら歩道が凍ってつるつるになってました。歩道全体が凍ることがこれほど怖いものとは思いませんでした。軽く検索すれば正確に分かることだと思いますが、降ってきた雨が地面にあたった瞬間に凍結して地面に「くっついてしまう」現象だと思われ、 【“Freezing rain!”の続きを読む】

箱根駅伝

元旦はスキー場から帰ってきて、妻が作ったあとはいただいた美味しいおせち料理を食べながらのんびり駅伝を見ていました。自分にとっては、年末年始といえば紅白よりは箱根駅伝でスポーツを見るのがあまり好きではないのですが、なんだか駅伝だけはとても楽しく見ることができます。プロではありえないような、数々のハプニングや感動的な出来事が高校野球のような盛り上がりをかもし出しているからだと思います。もう一つは自分にあまりかぶる大学はないのですが、 【“箱根駅伝”の続きを読む】

The Nutcracker

世界中でクリスマスの風物詩となっている、クルミ割り人形を見にMontogomery Collegeへ見に行ってみました。D.C.周辺でも様々な所で行われていて、Kennedy Centerやワーナーのものがすばらしいらしいです。バレーを見に行くのは、妹の発表会と、ちいさいころに家族にひっぱりだされ見に行ったぐらいしかなく、そのときはすぐに飽きていたと思います。というわけで、今回もあまり乗り気ではなく、一度ぐらいチケットも安いし体験しようと思い出かけました。期待していなかった分、 【“The Nutcracker”の続きを読む】

クリスマスパーティー

クリスマス。息子はプレゼントに夢中になりずっと遊んでいます。夜は、大学時代の部活の先輩2家族をお呼びさせていただき、夕食会をさせていただきました。とても楽しく色々な話を聞かせていただきましたが、なんとなく先輩が子供を見ていたり、食器を片付けてくださったりしていると、何か自分の大脳皮質が自然と違和感を訴え、ゆっくり座っていられなくなりついつい立ってしまうことに気づきました。それなりに体育会系だったので、すりこみ現象がまだ残っているとは。。。いずれにしても楽しいクリスマスになりました。ありがとうございました。

Farewell Party

金曜日は、日本の勤務先大学の同級生でこちらに渡米した時に色々助けてくれた人が今月帰国するので、4家族で送別会、学生時代の言葉を使うのであれば追いコンを行いました。後、その後輩が後任で無事渡米したので歓迎会も兼ねています。今では、渡米に際して色々手助けできるようにもなりましたが、来た時は多くの方の助けでセットアップすることができました。
場所は、White Flintのインド料理店、MemSahib。昼は$10以下でBuffetをやっていて、結構人気らしいのですが夜は誰も行ったことがありません。店内は、 【“Farewell Party”の続きを読む】

財布が見つかった

数週間前になくした財布が見つかりました。(なくしたときの記事は財布をなくしたを参照)結局、誰かわからないのですが親切な方が地下鉄構内で拾ってMetroの係りに渡してくださり、Washington Metro Lost and Found Officeに届けられ、そのOfficeがあなたの財布が届けられていますよというメールを、中の免許証を見て自宅に送付してくれたということになります。ただ、運転免許証の前面は前の住所、裏面に新しい住所が記載されているので、前の住所に郵送され、転送されるのに時間かかったようです。ということは、メトロに乗って降りるまでの間に、財布を落としたのか、、、 【“財布が見つかった”の続きを読む】

Thanksgiving day

アメリカで二回目でおそらく最後のThanksgiving dayです。木曜日のThnaksgiving dayだけでなく金曜日も休みにして旅行に行く、などの予定はなかったのですが、息子が前日におそらく39℃ぐらいに発熱したため家でゆっくりしていました。Thanksgiving dayにもかかわらず夕方まではとても暖かい陽気で、NYのMacy's paradeもテレビで見る限り暖かそうでした。去年同様、NIHにも少し行ったのですが、やはり日本の正月のように道はとても空いています。
夜は昨年同様ラボの同僚の家でゆっくり食事をしました。息子の発熱も落ち着いてきたのですが、我が家の夫婦は交代で参加させていただきました。本当は、我が家で開催予定にもかかららず、会場を変更させていただきありがとうございます。おそらく参加した4家族すべてが最後のアメリカでのThanksgiving dayと思いますが、おかげさまで良い思い出になりました。というわけで、 【“Thanksgiving day”の続きを読む】

雑感とYahoo動画

僕のロケーションフリーの設置基地である東京の妹家族の家が、Gyaoとかいうテレビのサービスに加入してつながらなくなったので連絡して不具合の原因を確認したらつながるようになり、ついでに少しだけ1年以上ぶりぐらいに報道ステーションを最初の10分ぐらい見ました。今日の大きなニュースはサッカー五輪出場というどうでもいいニュースに加えて、高速道路の橋の強度偽造問題と原油価格が上がりすぎ(で、横浜の学校の給食の回数も減ってしまった)というものでした。赤福は再利用でも、お腹壊したことないし美味しいので個人的にはいいとして、さすがに東証一部企業が何十年も続けてやっていた高速道路の強度偽造は大問題ですね。問題の栗本鐵工所の社長はいいわけもせず、淡々と質問に答え悪い人ではなさそうでしたが、「会社の常識は社会の非常識」と言ってました。医者にもかなり当てはまる言葉として昔からよくいわれてますが、本当にその通りなので気をつけなければとよく思います。栗本鉄工所に関しては、今後どのような対処をするのか、あるいは誠意を示せるのか興味があります。
朝、 【“雑感とYahoo動画”の続きを読む】

財布なくした2

先週は財布をなくした時に運転免許証もなくしたので、久しぶりにGaithersburgのMVAへ行ってきました。サイトを確認すると、Driver's licenseのサービスは土曜日も行っているとのことで、用意する書類等は確認しないまま、SSNカード、郵送物二つ、パスポートあたりを持って出かけました。土曜日は8時30分からオープンですが、8時15分までには結構列が出来ていました。8時30分に入ると、今度はその列のほとんどがinformation deskへ並び結局30分位受付までに並びました。受付で、免許をなくしたというと、SSNから免許書の情報を引き出し確かに免許を持っているとのことで、受付番号をもらい10分程して呼ばれました。そこでも、SSNから僕の情報を引き出し、幾つかの質問に答えたあとに、写真を撮って早速再発行されました。 $20を支払うと、 【“財布なくした2”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。