NIHへ行ってきます NIH

NIHへ行ってきます

ワシントンD.C.郊外のBethesdaにあるNational Institutes of Helath (NIH)でのアメリカ研究留学日記。

Google
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年帰国します

早いもので、もうすぐ渡米して2年になります。おかげさまで、研究、旅行、アメリカ生活、執筆活動?などなど充実した2年間を送ることができました。
今日朝メールを開くと帰国時期に関してメールが来てました。元々2年間の予定を、少し延長希望していたのですが幸い希望通り延長させていただけたものの、数ヶ月延長か、半年延長か未定だったのが決まったということになります。これで仕事の上では、今行っている研究をどこまでで切り上げてまとめるか、帰国してから何を続けてやるかがすっきりまとまりました。教授からは、ちょうどタイミングよいことに、論文はいつ書くのか?今書いていないのは何が足りないと考えているのか、今日呼び出されて質問されすっきりした考えを伝えることができました。
日常生活上では、 【“今年帰国します”の続きを読む】
スポンサーサイト

NLM tour

NIHの敷地内にある、論文検索に不可欠なPubmedの巨大データーベース作成などなどをしている、米国国立医学図書館(NLM)のツアーに参加しました。このページに記載されていますが、5人以下は予約が必要ないですが、2-3人の少人数でも念のためメールや電話で予約したり、ビデオを日本語にしてもらったりすることもできます。建物自体初めて入り、かなり広い建物で、それでもより大きなスペースが必要になり3つ目の建物を増築しているようです。
それから、一時間のWalkツアー以外に来週末まで、Visible proofsといって特に検視などなどに関するExhibitionが行われています。リンカーンの解剖をしたときのAutopsyセット、初期型の顕微鏡などなど珍しいものも展示されています。
さて、 【“NLM tour”の続きを読む】

個別Moving sale情報

友人の方が帰国されるため、Moving情報を掲載させていただきます。

「個別ムービングに関しましてのお願い」
帰国に際しまして、前回、一括ムービングで掲示させていただきましたが、時間も迫ってきましたので、個別ムービングに変更致させていただき、再掲示させていただきました。
よろしくお願い致します。

・2人掛けソファ $30
・IKEA ダイニングテーブル+椅子二脚(明るい茶色)$25
 ※テーブルは天板が折りたたみ式で、広げると2枚分、たたむと1枚分で使用できる仕様で大変便利です。椅子一脚に色はげがあります。その他は美品です。
・テレビ台(2段: 幅62 x 高75 x 奥49 cm・茶木目・キャスター付) $6
・19型ビデオ付テレビ(TOHSHIBA, シルバー, リモコン付き, 当時店頭価格$150)$40

メールでご連絡ください。moving2008rockville@hotmail.co.jpです。


Stroke Branch Seminar

本日、1時間のStroke Branch Seminarの発表のため、6日前の先週金曜日に、来週発表するよう、またConferenceのスタイルも大幅に変更になり、Discussionしまくる形式にするから用意しておいてと突然言われました。そのため、気の思い月曜日から今日まででしたが無事終了。大雪のため、サバーバン病院でのMeetingは中止になるかという期待はもろくも崩れましたが、、、今日はとにかくできるだけもう一人の演者の発表のときに質問しまくっていたら(普段はほとんど質問なんてしませんが)、作戦通り時間切れになり自分の番が回ってこなくなりました。
が、 【“Stroke Branch Seminar”の続きを読む】

雪とメトロ

昨日は大雪で一年ぶりに積もった雪を見ましたが、今日は少し暖かくなりました。われらがNIHを含めた政府機関は、雪のときは早く帰ってよくなったり、休みになったりと結構軟弱です。まあ、でも実験の予定を入れていたら早退可能になっても、休みになっても行かざる終えないので、このサイトのStatusで休みを確認しても去年は休んで得をしたことはありません。でも、政府機関が休みのときは、その他の会社や、学校も休みになることがあるのでこのサイトは大雪の時はチェックしてもよいのかもしれません。
今月からNIHで支給されるメトロのチケットが$20のものでなく、駅で 【“雪とメトロ”の続きを読む】

FAES Dental Insurance

今日は迷った末、FAESのCignaという歯科の保険に入りました。歯科保険に関しては、こちらに来て様々なことをアドバイスいただき、Living in Rockvilleを通して僕には難しくて答えられないような質問を受けたときに相談させていただいているテニス会の先輩の意見も聞きました。Living in Rockvilleに書いてあることはわかっているという前提で、よく相談を受けるのですが、サイトに書いてないことは僕もわからないことが多く最近質問のレベルが上がっていてあせります。来年渡米される方の相談もよく受けますが、それはとても簡単に答えられるので気分が楽なのですが、、、
そんな歯科保険ですが、 【“FAES Dental Insurance”の続きを読む】

財布なくした

先週末に財布をなくしました。ということでブログのねたが増えてしまいました。他の観光の事なども書きたいのに、、、NINDSのStroke Conferenceの為にサバーバン病院に行き、そこでコーヒーを買い、カンファレンス終了後にラボに戻って、家に帰っただけなのに無くすとは。。。なんだか我が家は事件が多いような気がします。ブログを書いているからでしょうか???とりあえず、なくしたら以下の事を行ってください。
1. まずは、クレジットカードをストップするためにクレジットカード会社に電話。不正利用がないかも確認してください。ANA USA VISAは、財布が見つかる可能性を考えて一時的なストップが、おそらく24時間可能です。一方、日本の三井住友ANA VISAは一時的なストップはできないので、再発行するしかありません。再発行手続きはそれぞれ$10と750円です。しかも、後者の日本のカードは日本に送られてきます。家族に郵送してもらわなくては。。。
それから、
【“財布なくした”の続きを読む】

FAES Open Season

最近、数人の友人にアメリカの医療保険のことでアドバイスをいただき少し詳しくなったところで、NIHのFAESからFAES Open Seasonのお知らせが来ました。留学直後30日以内の期間を除いて、毎年11月にはFAESを通した歯科保険や医療保険の加入ができる年に一回のチャンスのようです。Visiting fellowで勤務していると、医療保険の値段はあまり気にしたことはなかったのですが、2008年は、個人$345/mo, 家族$695/moとかなり高いことに驚きます。こんなに支払っていてくれているのに、いまだ一度も病院受診をしたことなく自分で持ってきた薬のみで対処しているため、Living in Rockvilleにはいまいち病院情報を載せることができません。医療保険は入れていただいているからいいとして、 【“FAES Open Season”の続きを読む】

20th NIH Research Festival

今年もNIH Research Festivalが始まりました。木曜日と金曜日はたくさんの企業がビル10の前の大きなテントに展示に来て、記念品をもらえたりするので楽しみです。といっても、去年はあまりいいものはもらえませんでした。。。早めの時間帯に行くのが記念品ゲットの目的ではいいように思われます。
今年は、FARE 2008を受賞していたので、授賞式に出席して記念撮影と賞状をもらい、ポスター発表を行いました。といっても発表するわけではなくポスターの前に立っているだけなので、隙を見計らって「アベをして」他のポスターの見学などをしようと考えていました。最初は、 【“20th NIH Research Festival”の続きを読む】

お疲れさま会

先週の金曜日はラボに実習に来ていたトニーのお疲れ様会でした。BethesdaのGuapo'sというメキシコ料理屋に15分ぐらい歩いて集まって、メキシカンビュッフェを食べながらトニーを送り出す会で、料理もビュッフェながらその場でタコスを調理してくれたりしてなかなかいい店なのではないかと思います。
トニーは高校生で、 【“お疲れさま会”の続きを読む】

FARE 2008

以前締め切り4.5時間前に教授から出してみたらと言われ、締め切り二分後にぎりぎり申し込んだThe Fellows Award for Research Excellence(FARE)2008が幸運にも採択されたとの連絡を頂きました。これにより$1000の学会費をもらえるので、もともと年一回認められている出張のほかに他の学会に参加することができます。ただ、日本の国内学会は交通費やホテル代は安いのに、アメリカの国内学会は飛行機やホテル代が日本とは比べ物にならないほど高く、 【“FARE 2008”の続きを読む】

夏休みムード

ラボも夏休み体制に入り、教授は最近いなくなり毎週開かれていたMeetingのみならず研究発表会もなくなりました。再開は9月からだと思われます。Meetingは8月24日からみたいですが、、、個人的には今までで最も研究が佳境に入っているのでMeetingなどで研究時間が削られずいいペースで仕事できていて快適です。
いつもの研究発表会は自分の行っている研究を1時間弱でプレゼンしつつ途中で色々質問が飛んでくる自分にとっては結構ハードなものなのですが、最後の研究発表会はめずらしく(というよりも初めて)臨床症例のDiscussionでした。要は、 【“夏休みムード”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。